幸彩学習塾 オフィシャルブログ

埼玉県久喜市南栗橋にある幸彩学習塾のブログです。
塾の日々の様子などをお伝えします。

1月30日(月)のつぶやき

2017年01月31日 01時21分29秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

国際都市・京都

2017年01月30日 23時57分28秒 | 日記・エッセイ・コラム
昨日のブログでも記しました通り、1/29・1/30と京都へ行ってまいりました。
無事に北野天満宮で祈願も済ませて、無事に戻って参りました。
ゆっくりとしたいとも思いますが、受験生を置いてのんびりしているわけにも行きませんで、きちんとご祈願をしてかえってきました。



そんな京都での滞在中に思ったことがあります。それはグローバル化は確実に進んでいるということです。京都に行ってみると分かりますが、京都の街中は日本語以外の言葉で溢れています。英語はもちろんですが、ハングル語・中国語と、少なくてもこの3ヶ国語はよく聞こえました。いろいろな案内板も日本語も含めれば4ヶ国語が併記されていて、京都は国際都市なんだなとしみじみと感じました。

そして、駅員さんをはじめ、バス乗り場の案内の方、お土産屋さんのスタッフ、ホテルのフロントの方まで、英語を話している場面に何度も出くわしました。京都では英語ができないとアルバイトができないのでは?と思うくらい、あちこちで英語が飛び交っていました。

東京も国際都市なので同じだとは思うのですが、京都は自分も旅行者のせいかより英語を聞いた気がします。ここ数年間、毎年京都に行っていますが、確実に外国人の方が増えてきている印象があります。もちろん昔から京都は外国の方が多かったと思いますが、政府が観光立国を掲げていることもあり訪日者数はどんどん増えているように思います。

塾があるこの地にいると、英語を使って仕事というとあまりピンと来ないと思います。
グローバル化といわれても、やっぱりピンとこないと思います。
でも、確実に英語は必要になってきているし、グローバル化は進んでいることを、京都に行ってみるととても肌で感じます。

今ここに住んでいる分には、まだそれほど英語の必要性は感じないかもしれませんが、必要性を感じないうちにやっておかないと、いざ必要になったときからはじめてもおいて行かれてしまうように思います。だからこそ、今からの学習が必要なのではないかと思います。

今年は東京の私立へ進学する人が複数います。
もしかしたら東京の私立へいく人は、そのあたりをここにいる人よりも先に感じることがあるかもしれません。どんな高校を選び、どういった学びを選んでいくかで、これから先に何が必要かを知るためのチャンスさえ、大きく違ってくるように思います。

今の中学生が大人になり活躍するころは、国際化する社会の中で活躍することが予想されます。大人が今までに見たことのないような世界が始まる、そんなときにどんな学びを選んでいくのか、京都にいって考えてみるのも一計かもしれませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

1月29日(日)のつぶやき

2017年01月30日 01時22分31秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

合格祈願 ~京都への旅

2017年01月29日 22時53分52秒 | 日記・エッセイ・コラム
今日は越谷市にある埜口義塾の赤井先生と京都に来ています。
京都に来た目的はいくつかありますが、そのひとつは15期生の皆さんの合格祈願です。
私立高校入試が東京の私立の一部を除けばほぼ終わったこの時期、赤井先生と毎年入試に向けたお互いの取り組みの確認と合格祈願のために、京都を訪れています。今年も15期生が自分の希望する進路を実現できるようにと、公立高校を受験する皆さんを応援する意味もこめて、スケジュールの合間を縫って京都へ合格祈願にやってきました。

朝10時30分に東京を出発。途中では富士山が今までにないくらいにキレイ見えました。幸先がいい感じです。


京都駅に到着。
 

学問の神様・菅原道真を祭る北野天満宮で、15期生の進路実現を祈念しました。
  

北野天満宮の境内は受験シーズンとあって、中学生から大人まで、試験の合格を祈る人がたくさん参拝に訪れていました。
 

北野天満宮といえば梅が有名ですね。少しですが皆さんの前途を祝すように梅の花も咲き始めていました。


北野天満宮参拝後は、近くのラーメン店で腹ごしらえ。牛乳と海産をベースにしたスープのラーメンをいただきました。めちゃくちゃおいしかったです!


夜になりホテルで赤井先生と夕食をいただきました。夜景がとてもきれいです。ちょうど真正面が清水寺方向です。
 

今日はこうして15期生の進路実現を祈願する旅をしてきました。
「困った時の神頼み」という言葉もありますが、神様へのお願いがすんだあとに必要なことは、神様に「こいつの希望はかなえてやりたい」と思ってもらえるような努力をすることだと思います。

15期生の皆さんに知っておいてほしい言葉があります。それは「天は自らを助くるものを助く」という言葉です。「神様は自分を助けようと努力しようと努力した人を助ける」という意味です。神様にも応援されるような努力をしっかりとしていきましょう!

この記事をはてなブックマークに追加

1月28日(土)のつぶやき

2017年01月29日 01時21分23秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

次のステージへ

2017年01月28日 23時36分38秒 | 日記・エッセイ・コラム
当塾では今日から入試対策直前講座が始まりました。

これから公立高校入試までの期間、明日を除く毎週土日に入試でよく出る単元をピンポイントで学習していく講座です。初日の今日は午前中に古典、午後は地理の資料問題を学習しました。
今までは過去問や全国精選など、全体的な学習を一通りやるのが目的でしたが、今日からはピンポイントで学習を進めていく、そんな時期になりました。

2月に入るこの時期からは、私は受験における新しいステージに入ったと思っています。
全体的な学習からピンポイントの学習へ学習の仕方も変わってくるからです。よりいっそう自分の弱点や課題をと向き合わなければならないので、本当の人としての強さも試されてきます。

2月は受験勉強における新しいステーへ進むときともいえると思います。
限られた時間の中で自分としっかり向き合って、課題や弱点から逃げないこと。
1つの勉強から1つだけでなく、5も10も得ようとするくらいの貪欲さが必要なこと。
周りを気にせずに、マイペースをしっかりと保って学習をすること。
そんなことがよりいっそう重要になるのが、2月という新しいステージだと思います。

さあ、今までの勉強を振り返ってみて、この2月にしなくてはならないこと、しっかりと分かっていますか?正々堂々と受験に立ち向かう、そんな強さを持って学習に励んでいってくださいね!

この記事をはてなブックマークに追加

1月27日(金)のつぶやき

2017年01月28日 01時21分20秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

塾からのお知らせ【1/26版】

2017年01月27日 23時09分35秒 | お知らせ
=============
公立高校入試まで あと35日
私立高校推薦入試は終了
=============
≪2/5までの予定≫
◇1/27(金) 
◇1/28(土) ◎漢検実施日(詳しくは下記参照)◎理社国授業(19:40-21:30)◎入試対策直前講座(J1、S1)
◆1/29(日) ▼休塾日(根岸が出張のため、自習も含め全休日となります)■北辰テスト(中3)
◇1/30(月) 
◇1/31(火)  
◇2/1(水) 
◇2/2(木) 
◇2/3(金) 
◇2/4(土) ◎理社国授業(19:40-21:30)◎入試対策直前講座(R1、E1)
◆2/5(日) ◎入試対策直前講座(M1、U1、J2)
※予定はやむを得ない理由により変更をする場合があります。その際は、メールなどでお知らせいたします。
=============
【申込み・提出】
◇中3・希望制:入試対策直前講座(希望講座を選択、締切は各講座実施2日前まで。詳しくは送付をしたパンフレットをご参照ください。)
◇中2・必修:北辰テスト(3/5実施、2/13締切、申込書は郵送にて送付)

≪漢検を受験される皆さんへ≫
当塾でお申込みいただいた皆様は、1/28(土)が受験日です。ご確認をお願い致します。
【漢検時間割】
◇4・5級:16:30集合、17:35頃終了
◇3・準2・2級:18:00集合、19:05頃終了
【持ち物】
HB以上の濃さの鉛筆・シャープペンシル、消しゴムなどの筆記用具
※漢検は時間を変えて受験することはできません。指定の時間に遅れないようにお越しください。
※この日に授業がある方で漢検と重なる場合は、漢検を優先してください。

≪1・2年生の代替模試がまだ終了していない皆さんへ≫
12月に実施した1・2模試の受験が終わっていない皆さんは、1/28の13:00以降にご来塾の上、代替模試の受験をお願いします。
※受験票と受験票に記載のものを忘れずにご持参ください。

≪中2:北辰テスト受験について≫
3/5に中学2年生を対象にした北辰テストが実施されます。当塾では進路指導の資料として北辰テストを使用いたしますので、今回につきましては必修とさせていただきます。申込用紙は郵送にて送付いたしますので、申込書に必要事項を記入して、費用(¥4,600)を添えてお申込みください。締切は2/13です。

≪小学生及び中1・中2 三者面談のお知らせ≫
当塾では新年度に向けて、学習状況の確認と新3年生につきましては進路希望のお伺い、また塾へのご意見やご要望の承りのため、三者面談を2月から3月の土日を中心に実施いたします。
お忙しい時期とは思いますが、日程調整のうえご来塾を賜りますよう、お願い致します。
日程や時間割につきましては、郵送にて送付をさせていただきましたので、ご確認をお願い致します。

==============
≪空席状況≫
※当日になってから生徒さんの欠席などにより空席が出た場合は、LINEにてお知らせいたします。(公式LINEをあらかじめご登録ください。)
【授業】
◇1/27(金) 空席はありません
◇1/28(土) 16:40-、19:40-
◆1/29(日) 休塾日
◇1/30(月) 空席はありません
◇1/31(火) 空席はありません 
◇2/1(水) 空席は有りません
◇2/2(木) 18:40-
◇2/3(金) 空席はありません
◇2/4(土) 16:40-、19:40-
◆2/5(日) 休塾日

【習熟】
◇1/27(金) 18:40-
◇1/28(土) 習熟はお休み
◆1/29(日) 休塾日
◇1/30(月) 18:40-、19:40-
◇1/31(火) 20:40-
◇2/1(水) 空席はありません
◇2/2(木) 20:40-
◇2/3(金) 18:40-
◇2/4(土) 習熟はお休み
◆2/5(日) 休塾日

≪2/5までの自習時間・受付時間≫
◇1/27(金) 15:00-21:30
◇1/28(土) 10:00-21:30
◆1/29(日) お休み
◇1/30(月) 15:00-21:30
◇1/31(火) 15:00-21:30
◇2/1(水) 15:00-21:30
◇2/2(木) 15:00-21:30
◇2/3(金) 15:00-21:30
◇2/4(土) 10:00-21:30
◆2/5(日) 10:00-21:00

≪進路・学習のご相談の受付≫
◇公式LINEまたはメールにてご連絡をいただければ、折り返し塾よりご連絡をさせていただきます

この記事をはてなブックマークに追加

1月26日(木)のつぶやき

2017年01月27日 01時20分36秒 | 本日の日誌

この記事をはてなブックマークに追加

多様な視点

2017年01月26日 23時46分56秒 | 日記・エッセイ・コラム
今日は大宮で開かれたセミナーに参加してきました。
先週と今週、合わせて4つのセミナーに参加しましたが、一言で言えば、どれも面白かったというのが本当のところです。



4つのうち2つは、公立入試の分析と対策を扱ったものでした。「同じテーマを何回も聞いて面白いの?」と聞かれそうですが、同じ問題でも分析する人が違うとまた違う分析になっていて、「ああ、なるほど」「こんな視点もあったのか」「こんな考え方もあるんだ」と関心仕切り、とても面白いなと思って聞いていました。

こういった分析を聞いていて思うのは、どれが正解とか間違いではなく、それぞれの分析を聞いておくことで、同じ問題を見る際の視点の多様性が生まれるというのが最も良いところかなと思います。言い方を変えれば、「生徒さんによってアドバイスを使い分けることができるようになる」ということです。

1つの視点からしか見ていないと、その方向からしか説明ができません。でも、2つ3つの方向からの視点があれば、Aの方向からはダメでも、BやCの方向からなら上手くいきそうだ、ということも多々あるような気がします。これは分析に限らず対策でも同じで、正攻法なものから、邪道?なモノまで取り揃えておけば、生徒さんの目標やレベルに応じて使い分けることができると思います。

そしてそこに、私たちの講師としての経験や独自の分析、そして生徒さんの今までの学習の様子や性格・特徴などを加味してお話ができれば、ベストは難しくてもよりベターな勉強法を提示できるのではないか、そんな気がします。

今日お話をいただいたのは(株)サイラブの白井先生でした。白井先生の資料は数年前から手にとって見ていましたが、この切り口はとてもおもしろなと以前から思っていました。問題の難易度をサービス・標準・難問の3つに分けることで、生徒さんにどこから取り組めばいいのかを示しているので、生徒さんたちにどの問題は必ず解けなくてはいけないと指示できる点で、とても参考になる資料を作ってくださっています。また、全国の入試問題を分析したからこそ得られる様々な視点、特に今年だけでなく来年以降の変化の兆しにもとても関心を持って聞くことができました。

私たち現場は、どうしても目の前の入試に目が行きがちですが、その先にあるものを知っておくと、今年の受験生はもちろん、来年・再来年と受験を迎える皆さんに、いろいろな視点を提供できるなと思います。

さて、ここからは私たちの出番だと思います。
これまでのセミナーで聞いてきた様々なことを元に、生徒さんにあと1ヶ月の学習法をしっかりと伝えていきたいと思います。そのために「入試対策直前講座」も設定し、準備を進めてきました。生徒の皆さんに合った学習をしっかりと提示できるように、私もあと1ヶ月を駆け抜けていきたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加