幸彩学習塾 オフィシャルブログ

埼玉県久喜市南栗橋にある幸彩学習塾のブログです。
塾の日々の様子などをお伝えします。

新しい足音の聞こえる学校 ~千代田女学園高校を訪ねて

2016年10月29日 22時47分24秒 | 受験・学校
こちらもだいぶ前になってしまいましたが、去る10/11に千代田区にある千代田女学園高校へ行ってきました。

この高校、来るたびに毎回思うのですが、とても環境が良いですよね。千代田区でも四番町と呼ばれる地域で、本当に東京のど真ん中。皇居も近いという土地柄でありながら、“閑静な”という言葉が似合うところにあります。

また土地柄、外国の方も多くいるので、駅を歩いていると英語が本当に自然に聞こえてきます。気になって調べてみたのですが、周囲にはたくさんの国の大使館があります。もしかしたら、学んだ英語がすぐに生かせそう、そんな気もします。またそういう環境だからこそ、治安も良く女子も安心して通えるというメリットもありそうですね。

東京というと、ゴチャゴチャした、人ごみの…というイメージがありますが、一歩はいれば閑静な住宅街が広がる本当に良いところだなと思います。


↑青の印が千代田女学園。赤の印が各国の大使館。千鳥が淵なども徒歩圏内。


さて、そんな千代田女学園高校ですが、今回の説明会では印象に残ったことがいくつもありました。その一番が、武蔵野大学への優先入学(推薦枠)が増えたことによる進学力強化だと思います。

高校選びのいくつかのポイントで一番の注意点は、「出口がきちんとしているかどうか」です。高いレベルの生徒さんを集めても、出口がそれほど良くない学校も、残念ながらたくさんあるのも事実です。
逆に、入り口の部分のレベルはそれほど高くはなくても、しっかりとした学習・進学指導や附属のメリットによって、出口の結果がとても良好な学校もたくさんあります。

千代田女学園は、武蔵野大学との法人合併により、出口の部分はいままで以上に充実してくると感じました。もちろん大学に向けて勉強はしなくてはなりませんが、附属のメリットがある分、ある意味の受験勉強が不要となります。
その分、勉強以外の高校生活の楽しみや、高校時代だからこそできる部活や留学や様々な対外的な活動など、いろんな経験をつみ、そしてしっかりと大学へ進学できる、そんなイメージが描けてくるように思います。



高校時代にしっかりと勉強をすることはもちろん大切です。
ただ附属のメリットを生かすことで、勉強に少しばかり余裕が出てくるのも事実だと思います。その余裕を、高校時代にしかできない様々な経験に当てることができることで、豊かな経験を持って大学に進学できる、そんなメリットがあるのではないかと思います。

また最近は、グローバル系のコースを設置する高校も多くなってきています。千代田女学園もグローバル・リーダーズコースというコースがあり、留学やiPadの活用、外国人講師が副担任になるなど、他の私立高校と同じような特徴を持っています。

それに加えて、目を引いたのが「地球市民」という独自科目です。
主にプレゼンテーションのための時間のようですが、こういった教科を通じてコミュニケーション能力を高めていこうとする試みに、次世代を担う力を育てていこうとする学校側の想いが見えるような気がしました。



学校の規模は決して大きくはありません。それがゆえに、細かいところまで目が届き、武蔵野大学を含めた進学にも有利に働く、そのような気がしています。

大規模校には大規模校のメリットもたくさんありますが、目の届く範囲で運営される学校のメリットも、数え切れないほどたくさんあると思います。

目をかけてみて欲しい、そういう希望がある生徒さん・保護者の皆さんは、ぜひ学校説明会などに訪れてみるとよいのではないかなと思います。

※写真は、今年の5月に訪問したときのものです(今回は取り忘れてしまいました
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月28日(金)のつぶやき | トップ | 10月29日(土)のつぶやき »

受験・学校」カテゴリの最新記事