高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

障害のある方々の大きな生活の支えとなる「障害者扶養共済制度」を解説します

2017-05-18 14:58:43 | ニュース
マネーの達人 5/18(木) 6:20配信3-3「引用」

加入後は制度から脱退できるのか?
「障害者扶養共済制度」に5年以上加入した場合に、保護者(加入者)からの申し出により制度から脱退でき「脱退一時金」が支給されます。

・ 平成29年4月1日現在の脱退一時金金額となります。(制度の見直しにより、脱退一時金金額が改訂されることがあります。 )

・ 既に払い込んだ掛金は返還されません。

・ 口数毎に脱退することができますが、脱退した分の年金は支給されません。

加入方法は?
保護者(加入者)がお住まいの地域にある、福祉事務所や市区町村役場等の窓口で申し込むことができます。(加入等申込書等の必要書類につきましては、福祉事務所や市区町村役場等の窓口にご依頼ください。)

また、既に加入している方が他の都道府県・指定都市へ転居する場合でも、継続して転居先の都道府県・指定都市で加入することができます。

まずは、お住いの地方公共団体(都道府県・指定都市)へお問い合わせいただくとよいでしょう。(執筆者:高橋 豊)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害のある方々の大きな生活... | トップ | アンチエイジング最前線! ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。