高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

加入しないと損する「確定拠出年金」

2017-05-16 14:11:50 | ニュース
プレジデント 5/16(火) 9:15配信2-1「引用」

■専業主婦にも解禁! 加入しないと損する

 資産形成を図るうえでは、税優遇の特典がある制度をしっかりと利用したい。特に勤労者にメリットが大きいのが、「確定拠出年金」である。

 確定拠出年金とは、企業が出すお金の運用先を従業員が選び、将来、年金や退職一時金として受け取るもの。企業によっては一定の範囲で従業員自らも資金を出せるし、勤務先に企業年金の制度がない人や自営業者は、「個人型」というタイプに加入して資金を積み立てられる。

 法改正により、2017年1月から勤務先に企業型年金の制度がある人や公務員、専業主婦も個人型への加入が可能となった。

 確定拠出年金では、配当金や売却益など、運用によって生じた利益が非課税となる。普通なら約20%が引かれるため、このメリットは大きい。

 また60歳以降に一時金で受け取る場合は退職所得控除が適用され、差し引かれる税金が軽減される。年金受け取りでは公的年金控除の対象となり、公的年金(国民年金、厚生年金)との合計が一定の範囲であれば税金もかからない。

 さらに大きいのが、拠出額(積立額)が全額、所得から控除される、という点である。たとえば毎月2万円を確定拠出年金に回した場合、所得税や住民税の課税対象となる所得が年間で24万円減り、その分、税負担が軽減される。所得税の税率は、課税所得が330万円超695万円以下の人で20%、695万円超900万円以下の人は23%と、所得が多い人ほど軽減効果が大きい(収入のない専業主婦は実質的にこの恩恵は受けない)。

 投資に関して税が優遇される制度には「NISA(少額投資非課税制度)」もある。

 年間120万円まで、株式や株式投資信託を購入でき、利益が非課税になる。非課税期間は5年で、6年目に非課税枠に移せば、最長10年まで課税されない。新規に投資できるのは2023年までだが、恒久化する可能性もあり、利用価値はある。

 とはいえ、確定拠出年金とNISAどちらを使うべきかといえば、確定拠出年金に軍配が上がるのは明らかである。

 確定拠出年金は所得控除という強力なメリットがあるが、NISAは運用利益が非課税になるだけ。税優遇の特典は確定拠出年金のほうがはるかに大きい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すぐ見習いたい!貯め上手な... | トップ | 加入しないと損する「確定拠... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。