高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

40代のもの忘れ、認知症の始まり? メタボも関係

2017-05-15 12:11:21 | ニュース
NIKKEI STYLE 5/15(月) 7:47配信2-1「引用」

もの忘れが増えると「ひょっとしたら認知症!?」と思いがちだが、40歳前後からもの忘れが増えるのは自然なこと。更年期になると女性ホルモンのゆらぎでもの忘れが増えることもわかってきた。どのように家事や運動をすれば記憶力は向上するのか。最新情報を3回に分けてお届けする。1回目はもの忘れの原因について。

◇  ◇  ◇

 40歳前後から、もの忘れを自覚し始める人が多くなるもの。ひろかわクリニックの広川慶裕院長は、「若い頃からもの忘れの一因とされているアミロイドβペプチドというたんぱく質(脳の老廃物)は生成されているが、スムーズに排出もされている」と言う。しかし、年齢とともに体内に残るようになり「多くの人が記憶力の低下を実感するようになる」(広川院長)。ただし、諏訪東京理科大学の篠原菊紀教授は「70~80代になっても認知機能があまり衰えない人も多い。もの忘れには、アミロイドβ蓄積以外の要素も関係するのでは」と指摘する。

 認知症の中でも最も多いアルツハイマー型は、アミロイドβが、脳に蓄積して発症する病気だ。しかし、きちんと対策すれば、アミロイドβの蓄積を抑え、その発症も相当予防できるという。「体内でアミロイドβの作られる量と排出量の均衡が崩れ、臨界点を超えると認知症が発症する。ただしいきなり発症するのではなく、前段階として軽度認知障害(MCI)やプレMCIという状態がある。その時期に早期発見し、必要な対策や治療をすれば、ほとんどのケースで健常老化に戻れたり、現状維持のまま過ごすことも可能になる。必要以上に恐れないでほしい」と広川院長は言う。その上で、「もし、いつものルーチンワークの順番を間違え続けてしまうような症状があれば、医療機関に相談を」(広川院長)。

 実はメタボも、記憶力の低下に関係するという。東京医科歯科大学大学院の寺内公一教授は「閉経後にメタボ傾向のある人は、認知機能が低くなりやすいというデータがある。メタボとは“太め”という意味ではなく、内臓脂肪の蓄積に加えて脂質異常症や高血糖、高血圧のうち2つがある状態を指す。これらがあると脳の血管に負荷がかかりやすいためで、気をつけてほしい」と語る。

 また良質な睡眠は、もの忘れの防止に重要だという。篠原教授は「眠りが浅くなる時期ともの忘れが重なるのはこのため。徐波睡眠と呼ばれる深い眠りが大切で、良質な睡眠をしっかりとることで、アミロイドβの排出が促される」と語る。脳を元気に保つには、日常の心がけが肝心なようだ。

次ページは:■大量の飲酒習慣は認知症の発症リスクを上げる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誤解だらけの「年金分割」 ... | トップ | 40代のもの忘れ、認知症の始... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。