「住宅リフォーム」「建築塗装」に特化したコンサルティング 「訪販会社営業指導」

常に一流を目指す販促支援、最強営業集団育成
Consultancy Shirasaka
戦略コンサルタント

住宅リフォーム、建築塗装 ,訪販会社の為の営業指導

2017-06-17 16:39:28 | 創業、営業、経営


一発で契約を取る方法
超簡単クロージングなし、...

100均で買ったファイルに私が毎日のように投稿していたニュース記事8枚に営業する為の記事2枚(借換え、相続、贈与)を「お役に立つ情報」として綴り、そしてもう一つ別に借換え、相続、贈与関連の記事を綴ります、最初のは毎週1回無料配布するものです。

トークは「売込まないセールスをしています○○会社の△△と申します、住宅リフォーム、建築塗装関連に付いてはお客様は何も知らないのでその事を知らせる為に「お役に立つ情報」を毎週無料配布しています、□□様は必要ないでしょうか「このようなものです」と言ってページをめくり相手に見せます。

お客様の知らない事と言うのは、このネット社会リフォーム関連の要望があれば検索すれば一番上にポータルサイトが表示されます。

地域の業者を2、3社で相見積と言う事でお客様に紹介します、そして広告には180万円安くなったとか138万円が83万円になったとかと言う事が載っています、そして「安くて得をした」とお客様の声がありますが、あれだけの広告料を使ってその広告料は何処から出ているのかといえば何処からだと思いますか?

「紹介料」として工事業者が10%~20%支払います、それも成約が決まるのは1社だけでそれに漏れた2社でも「紹介料」15,000円取られるのです、どんな業種でも利益率は30%~40%なければ経営は出来ません。

30%以下なら廃業40%以上ならボッタくりです、その差は10%しかないのです、その最低利益率から10%~20%「紹介料」として取られたなら施工業者は既に倒産している筈です、しかし倒産していません、何故でしょう、見積額に上乗せしているからです「安くなったのではなく高くなったのです」これで判るようにその分はお客様が支払っているのです。

どうですか初めて知ったでしょう?では奥様の子供さんがいてこの家を相続した場合にはどうなるのでしょう、贈与税や相続税が掛かります。

その税金や金利をなるだけ安くする為にはどうしたなら良いでしょう、そのような事はどの業者でも教えてはくれません、知らないと後で後悔しますので奥様とご主人様に聞いて貰いたいと思っているのです、如何しますか?どちらでも構いません。

このような進め方をします、そうすると必ず聞きたいと言われます、後はご主人の帰ってくる時間に再訪問の約束をすれば良いとなります。

ではご主人が帰って来てからの話の進め方は「次回」に。

顧問指導料
月々5万円(20名迄)

お問い合わせは
assistforattain@gmail.com
Consultancy Shirasaka
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大富豪が語った「話す」より... | トップ | 相続税、「自宅・現金各5,000... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。