「住宅リフォーム」「建築塗装」に特化したコンサルティング 「訪販会社営業指導」

常に一流を目指す販促支援、最強営業集団育成
Consultancy Shirasaka
戦略コンサルタント

大富豪が語った「話す」より「聴く」ほうが大切な理由

2017-06-17 09:55:31 | ニュース
 ダイアモンドオンライン2-1「引用」
聴く技術を身につけると大きな財産になる。相手の話に耳を傾けると、次の3つの恩恵が受けられる。1ますます好かれる。2ますます知識が増える。3ますます話し方がうまくなる。自己啓発の古典的名著『「人を動かす」ために本当に大切なこと』から、聞き上手になる5つのコツのうち、3つを抜粋して紹介しよう。

● 聞き上手であることのメリット

 相手の話に耳を傾けることは2つの意味で大切である。なぜなら、それは人づきあいの上で最大の価値があるだけでなく、仕事では必要不可欠だからだ。

 相手の話に耳を傾けるスキルは大きな武器になる。話しているときよりも聴いているときのほうが人間関係を円滑にすることができるからだ。

 相手の話に耳を傾けることがもたらす恩恵には、次のようなものがある。

 ・相手の話に耳を傾ければ傾けるほど、ますます好かれる。

 ・相手の話に耳を傾ければ傾けるほど、ますます賢くなる。話すことよりも聴くことによって、多くのことを学べるからだ。自分の知識に相手の知識を加えることができる。つまり、2人の頭のほうが1人の頭よりもいいのだ。大富豪の故シド・リチャードソンは「なぜいつも黙っているのか?」と尋ねられたとき、「自分が話していると何も学ぶことができないからだ」と答えた。

 ・相手の話に耳を傾ければ傾けるほど、会話が上手になる。相手が話しているのを聴くとき、あなたは相手が自由に話す機会を与えている。相手の話に耳を傾けることは話し方の主な秘訣であり、あなたは相手の自尊心を高め、相手に感謝してもらえるだろう。

 以上のように、聞き上手であることのメリットはたいへん大きい。

● 聞き上手になるためのコツ

 聞き上手になるコツを紹介しよう。

 1 相手が話し終わるまで相手を見つづける
 聞き上手であることは偶然ではない。努力が必要だ。あなたは耳だけでなく目も使うべきだ。聴く価値のある相手は、見る価値がある。「耳と目で聴く」と、次のようなことが起こる。
・相手に敬意を払っていることがよく伝わる。
・相手の話を聴いていることを示すことができる。
・言葉によるコミュニケーションと言葉によらないコミュニケーションの両方ができるから、相手が言っていることの全体像が見えてくる。

 話している相手を見ることは、すぐれた「人を動かす技術」である。

 2 相手のほうに身を乗り出し、じっと耳を傾ける
 相手の話に大いに興味を抱き、ひと言も聞き漏らすまいとしているという印象を与える。顔の表情は関心度のバロメーターである。相手のほうに身を乗り出すと、相手の心をつかむことができる。

 相手のほうに身を乗り出すことは、すぐれた「人を動かす技術」である。

 3 質問をする
 相手に質問すべき理由は2つある。まず、自分が熱心に聴いていることを知らせることができる。次に、質問は相手への賛辞の一種である。質問することは、意見を述べることより好ましい。
 相手への質問はきわめてシンプルだ。
・「それで、どうなったのですか?」
・「どのくらい時間がかかりましたか?」
・「どうやって結果を出したのですか?」
・「それをもう一度やってみたいですか?」

 質問をすると、相手はあなたが興味を持っていることを知って気分をよくする。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狭心症の検査はさまざま 異... | トップ | 大富豪が語った「話す」より... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。