高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

老後資金準備の為に「iDeCo」を活用しよう 始める意義の大切さをジョギングに例えてお話します

2017-05-14 11:47:49 | ニュース
マネーの達人 5/14(日) 8:01配信3-1 「引用」

老後資金準備の為のiDeCo活用を例え話に
日頃から運動不足を感じていたAさんは、近所の公園にジョギングコースがあるのを発見したので、思い切って走ってみようと思いました。

Aさんは友人のBさんに対して、この話をしたところ、Bさんも日頃から運動不足を感じていたため、Aさんと一緒に走ってみようと思いました。

二人はジョギングをする日時を決めたのですが、Bさんは直前になって走るのが面倒になってしまい、Aさんとの約束を断ったのです。

ただAさんはやる気になっていたため、ジョギングコースのスタートラインにひとりで向かいました。

この話の中に登場する

「運動不足」を、「老後資金の不足」に置き換え
「ジョギング」を「老後資金の準備」に置き換える

と、次のようになると思います。

スタートラインに立つ意欲がないと、老後資金の情報は役に立たない
現在は公的年金に対する不安が広がっているため、お金に関する雑誌やウェブサイトを見ると、「老後資金は○○円準備しよう」や、「老後資金は○○を活用して準備しよう」などといった情報が、よく掲載されております。

2017年1月から今まで加入資格のなかった公務員や専業主婦も、個人型の確定拠出年金(以下では愛称に決まった「iDeCo」で記述)に加入できるようになったので、最近はこの制度の情報が多いように感じます。

こういった情報はAさんのように、ジョギング(老後資金の準備)するためのスタートラインに立つ意欲を持った方には、とても価値があると思います。

しかしBさんのように、運動不足(老後資金の不足)を感じているけれども、ジョギング(老後資金の準備)するためのスタートラインに立つのをためらっている方には、あまり価値があるとは思えないのです。

その理由として情報を入手しても、何も行動を起こさなければ、その情報が役に立つ場面が来ないからです。

ですからBさんのような方が当面に必要なのは、ジョギング(老後資金の準備)するためのスタートラインに立つきっかけや、意欲を与えてくれる情報であり、手段だと考えております。

次ページは:事業主もiDeCoの掛金を拠出できる「小規模事業主掛金納付制度」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変わる医療保険 数年に1度は... | トップ | 老後資金準備の為に「iDeCo」... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。