高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「自宅での生活が大変…」と、老人ホームへの入所を考えたときに確認するべき項目4つ。

2017-05-12 12:23:36 | ニュース
マネーの達人 5/11(木) 6:10配信2-2「引用」

■費用面も施設の規定や介護度によって異なります

パンフレットと一緒に料金表を取り寄せて現在の介護度と照らし合わせ、最低限必要な月額費用を確認しましょう。

わからない部分や不明なことはそのままにせず、納得がいくまで施設の職員に尋ねましょう。

今後、支払い続けなければならない入所費用です。介護度が変わる事によって金額も変わっていきますので、あやふやな状態にするのは禁物ですよ。

3.施設内の設備、雰囲気、職員の対応
気になる施設が見つかったら、必ず現地へ赴きましょう。これから両親が生活するかもしれない場所です。

可能であれば、本人も連れて行きどのような雰囲気の建物なのか、衛生面は行き届いているのか、居室の広さや生活していけそうかをじっくり見てみましょう。

■この時に確認すること

・ 担当の職員や介護職員の対応の仕方

・ 他の利用者への声かけの仕方

・ 職員の言葉遣いや施設全体が明るく活気のある雰囲気か

以上を確認しておくことで、入所する際の安心材料になります。

4.医療機関との連携
入所する家族の病状によっては定期的に医療機関への受診が必要な場合があります。

そんな時に、施設側で通院を全て行ってくれるのか、家族の同伴が必要なのかを確認しておくと安心です。

施設から離れた遠方の病院へいかなくてはならない場合等は特に注意が必要です。

医師や看護師が常駐していないタイプの施設であれば、急変があった場合にすぐに駆けつけてくれる医師と連携しているのか確認しておきましょう。

そうでない場合はすぐに搬送するシステムが整っているのか、家族への連絡体制はどうなっているのかを確認しておくと安心です。

まとめ
馴染みの無い土地の施設ですと面会に行くのも大変になり徐々に足が遠のきがちになります。

入所する家族も見知らぬ土地よりも、住み慣れた地域や生まれ育った故郷での生活のほうが安心する事が多いのではないでしょうか。

気が進まなかったけれど、施設へ行ってみると同級生や昔の仕事仲間が先に入所しており、知人がいることで安心し、楽しく新しい生活をスタート事ができたという方もいらっしゃいます。

まずは近場の施設から探し、入所待ちの状況などを調べてみましょう。

本人にあった条件の施設のなかで、安心した生活をおくれる場所をじっくり探す事が何よりも大切です。(執筆者:佐々木 政子)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「自宅での生活が大変…」と、... | トップ | メンタルヘルスについて間違... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。