高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

酒は「百薬の長」か「万病の元」か どちらが正しいのか

2017-04-20 16:41:22 | ニュース
NEWS ポストセブン 4/20(木) 16:00配信2-2

「適量の飲酒」は百薬の長で死亡率を下げるのか、それとも、「酒は万病の元」で1滴も飲まない方が健康にいいのか、対立する2つの医学的根拠を突きつけられても、どちらが正しいのか判断に苦しむ。

 興味深い比較評価がある。九州大学大学院予防医学分野の松尾恵太郎・教授は論文『がんリスクとしての飲酒習慣』(2014年)の中で、非飲酒者と飲酒量別のがん死亡率の研究を比較調査し、男性の場合、「適量飲酒」の方が非飲酒者よりがん死亡リスクが統計的に有意に下がっているとしてこう指摘している。

〈単純な飲酒の禁止が、良好な健康影響をもたらすわけではないという事を示唆すると言えよう〉

 酒と健康をめぐる議論の決着はまだ先になりそうだ。

※週刊ポスト2017年4月28日号

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒は「百薬の長」か「万病の... | トップ | 住宅リフォーム、建築塗装「... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。