高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

開かない! 動かない! ファスナーのトラブルを解決する方法

2017-05-15 12:26:12 | ニュース
ライフハッカー[日本版] 5/14(日) 9:10配信2-2「引用」

ファスナーが止まらない
ズボンのファスナーでよくあるのが、勝手にずり落ちて開いてしまうこと。非常に気まずい思いをさせられることもありますよね。残念ながら、ファスナーをそっくり取り替えてしまう以外に、このトラブルを完全に解消するうまい方法はありません。

とはいっても、簡単な応急処置が2つあります。まずは、キーリングをファスナーの引き手に通して、ズボンのボタンに引っ掛けて固定することです。これでファスナーが勝手にずりおちることはなくなります。もっと動きやすい方がよければ、キーリングの代わりに輪ゴムを使ってみましょう。

スライダーが壊れた
スライダーがバラバラに壊れてしまったら、あるいは、エレメントをうまく噛み合わせられなくなってしまったら、スライダーを取り替える必要があります。スライダーを外すときは、ペンチを使って取り除きましょう。壊れたスライダーが外れたら、新しいスライダーをエレメントに滑り込ませるようにして取り付けます。それだけです。スライダーの交換は、たいていの場合2~3分あれば終わる作業です。

ファスナーの引き手が取れた
引き手が取れると、ファスナーを閉めるのが信じられないくらい難しくなってしまいます。でもご安心を。修理するのはとても簡単です。ペーパークリップやキーリング、あるいは電話線のコネクターだって、引き手の代わりになるんです。こういった物を引き手が付いていた穴に通せばOKです。たしかに見た目はよくありませんが、少なくとも開け閉めはできるようになります。

Thorin Klosowski(原文/訳:吉武稔夫、合原弘子/ガリレオ)
Title photo by Clare Bell.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 開かない! 動かない! ファ... | トップ | <認知症>QRコード つえや... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。