「住宅リフォーム」「建築塗装」に特化したコンサルティング 「訪販会社営業指導」

常に一流を目指す販促支援、最強営業集団育成
Consultancy Shirasaka
戦略コンサルタント

「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」の正体に迫る…高血圧が怖い理由

2017-04-20 16:34:17 | ニュース
読売新聞(ヨミドクター) 4/20(木) 12:11配信2-2

「仮面高血圧」の見破り方
 また、白衣高血圧とは反対に、診察室での血圧は正常なのに、家庭では高血圧を示す「仮面高血圧」という人も少なからずいることが分かってきました。診察室より家庭での血圧が高くなる原因については、血圧を測定するときの安静度が不十分である可能性、測定前の喫煙の影響、病院で測定することの安心感などが考えられています。この仮面高血圧は降圧薬を服用している人に多く、「薬の効果が切れかかっている状態」を反映している可能性もあります。病院で測定した血圧が正常でも、家庭で測定した血圧が高ければ治療は不十分だと考えなければなりません。

 何しろ病院で測定する血圧は良好なのですから、家庭で血圧を測定しない限り、医師も仮面高血圧と診断することはできません。仮面高血圧は、脳卒中などのリスクが高いことが分かっています。家庭血圧を測定することのもっとも大事な点は、仮面高血圧の検出にあると言えます。

放置すると大変なことに
 では、どうして血圧は高くなるのでしょう?

 高血圧の発症には遺伝的要因と環境要因が関与します。たとえば両親や兄弟、姉妹に高血圧の人がいる場合、高血圧の遺伝的素因があると考えられます。これらの方に食塩の取りすぎや肥満、運動不足、飲酒、ストレスなど様々な環境要因が加わった時、高血圧を発症してくるのです。

 このように遺伝的要因に環境要因が加わって発症する高血圧を「本態性高血圧」と呼びます。多くの方がこれに該当しますが、約1割の方には副腎の腫瘍や腎動脈の狭窄(きょうさく)など血圧が上昇する明らかな原因が別にあり、「二次性高血圧」と呼ばれます。

 健診で血圧が高いと言われても、「別にどうもないし……」とよく言われます。しかし、高血圧は放置すると心血管病を起こすことから、「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」とも呼ばれる怖い病気なのです。

 高血圧がリスクとなる心血管病には、脳卒中(脳出血、脳梗塞)や虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞)、腎不全、大動脈瘤(りゅう)などがあります。また中高年期の高血圧は、認知症のリスクとなることも分かっています。日本は世界有数の長寿国ですが、要介護期間が男性で9年、女性で12年あることが報告されています。要介護の原因となる脳卒中や心臓病、認知症を予防し、「最後の10年が最高の10年」となるよう健康寿命を延ばすために高血圧の治療は重要なのです。

土橋卓也さん
 製鉄記念八幡病院(北九州市)院長、理事長  1980年九州大学医学部卒業、高血圧専攻。米国クリーブランドクリニック留学を経て、2003年九州医療センター高血圧内科科長、九州大学医学部臨床教授。14年1月、製鉄記念八幡病院副院長、高血圧センター長。15年4月から現職。日本高血圧学会減塩委員会委員長。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サイレントキラー(沈黙の... | トップ | 移民を受け入れる前に日本に... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。