高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

誤診はあるもの 乳頭腫、カンジダ菌、動脈瘤も見落とされた

2017-04-20 08:16:24 | ニュース
NEWS ポストセブン 4/20(木) 7:00配信2-1

「私の誤診率は14.2%である」──神経内科の権威で東大名誉教授の冲中重雄氏は、1963年、東大を退官する際の最終講義でこう述べた。

 これは臨床診断と剖検(病理解剖)結果を比較して出した数字で、医療関係者はその率の低さに驚嘆したが、市井の人々は逆に、日本最高の名医でも14%も誤診があるという事実に衝撃を受けた。

 また、2004年に世界的に有名な医学専門誌『Archives of Internal Medicine』に、フランスの医師らがICU(集中治療室)で死亡した人々の剖検結果についての論文を掲載した。そこには〈生前診断の約30%は誤診だった〉と書かれていた。よって、冲中氏の「14.2%」は少ないといえる。

 誤診が起こる理由としてもっとも多いのが診察時の「見誤り」や「見落とし」だ。実例を見ていこう。

〈3年前に耳鼻科医にアレルギー性鼻炎と診断されて以来、自分でもそう思っていた。ある日、別の病院の医師に「しっかり診てみましょう」と言われ検査した結果、鼻の奥から上咽頭にまで達するポリープが見つかり、「乳頭腫」と診断された〉

 乳頭腫とは良性の腫瘍で、皮膚や粘膜の表面の細胞が白く盛り上がって増殖する。痛みなどの症状は特にないが、悪性化すると咽頭がんになり、命に関わるケースもある。井上耳鼻咽喉科院長の井上里可氏が言う。

「鼻炎も乳頭腫も初期症状が慢性的な鼻づまりで、本人がその後も元気だったため、発見が遅れました。もし乳頭腫に気付かずに、腫瘍が大きく育って脳の中にまで達していたら、致命傷になっていたでしょう。

 アレルギー性鼻炎という最初の診断を医師も患者も信じ込み、それ以上の検査をしなかったことが、別の病気を隠していたのです」

〈喉がヒリヒリと痛むのでかかりつけ医に診てもらったら、風邪と診断され、抗生物質を処方された。風邪にしてはどうにも治りが悪いので、別の病院で診てもらったところ、喉の奥が「カンジダ菌」に感染していた〉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧困転落への第一歩「医療費... | トップ | 誤診はあるもの 乳頭腫、カ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。