高齢者雇用促進「下流老人をなくす会」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

局所麻酔薬で「神経ブロック」 服薬治療を合わせ慢性痛防ぐ

2017-04-18 09:51:34 | ニュース
山陽新聞デジタル 4/17(月) 11:05配信2-2

馬場が医師免許を取得した1980年代は、女性医師が活躍できる診療科が限られる“暗黙の了解”がまだ残っている時代でもあった。

 そんな時、岡山大病院では故・小坂二度見氏が麻酔科蘇生科を立ち上げ、男女の別なく、広く若手医師を集めていた。麻酔薬による痛み治療に興味を抱き、スペシャリストを目指していた馬場は、その流れに飛び乗った。

 岡山済生会総合病院では、98年のペインクリニック立ち上げから関わっている。2012年にはペインクリニック専門施設の認定を受け、専門医を目指す若手医師に超音波画像の見方や神経ブロックを指導するなど、育成にも熱心に取り組む。

 患者が快適に治療を受けられる環境づくりにも力を入れており、16年には処置室を広げ、処置台も全て電動式に。外来の待合室には、馬場自身の手で季節の花を生ける。治療を待つ間、痛みを忘れさせて心を癒やす存在となっており、多くの患者が楽しみにしているそうだ。

 「ペインクリニックは、さまざまな診療科の隙間を埋めるのが役目。患者さんと同じ目線に立って心の交流を深め、痛みのストレスから少しでも解放される場でありたい」

 (敬称略)

     ◇

 岡山済生会総合病院付属外来センター(岡山市北区伊福町1の17の18、086―252―2211)

慢性痛 性格にも特徴あり 気分転換が効果的

 慢性痛は、脳に伝わった痛みの記憶が長く残っている状態。内服薬による治療だけでなく、患者の性格や気持ちに目を向けることも大切とされている。

 痛みが慢性化しやすい性格については、これまでの研究で、いくつか特徴がある。集中力があり、物事に熱中しやすい▽潔癖症▽完全に治らないと気が済まない完全主義▽細かく日記をつけるなど、きちょうめん▽神経質・短気▽痛み出すとパニックになる―などだ。

 もともとの性格に加え、精神的なストレスや天候などにも左右される。痛みに気持ちが集中してしまわないよう、散歩や趣味などで患者自身が気分転換を図ることも、治療には効果がある。

 ばば・みわ 朝日高、岡山大医学部、同大大学院医学研究科卒。1984年に同大病院麻酔科蘇生科入局。屋島総合病院、岡山赤十字総合病院などを経て、97年に岡山済生会総合病院へ赴任。2009年から現職。日本麻酔科学会指導医・専門医、日本ペインクリニック学会専門医。58歳。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 局所麻酔薬で「神経ブロック... | トップ | 社長だけが知らない確定拠出... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。