flow Trip -archive-

「漂い紀行 振り返り版」…私の過去のノートから…
 言い伝えに秘められた歴史を訪ねて

本地大塚古墳

2016-11-26 00:00:00 | いにしえびとの睡

(愛知県瀬戸市西本地町 市指定史跡 1996年11月24日)
 「せとでん」に乗るのは6年振り、瀬戸市入りは13年振りである。尾張旭市の中心地、三郷駅に降り立ち、南に下って行くと矢田川があって、川を渡ると瀬戸市となる。本地大塚古墳はその矢田川左岸に位置する全長32m,帆立貝式の前方後円墳であり、埴輪と周濠を持つ。昭和41年、42年の発掘調査によって6世紀前葉の築造と推定されている。付近はここ20年程で住宅地となった模様であり、古墳の東側は保育園、西側は民家、南北は水田地である。

『愛知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 由比若宮 | トップ | 瀬田玉川神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL