flow Trip -archive-

「漂い紀行 振り返り版」…私の過去のノートから…
 言い伝えに秘められた歴史を訪ねて

「漂い紀行 振り返り版」ご案内

2016-12-31 00:00:01 | お知らせ

当ブログをパソコンでご覧になる方へ-

過去の記事は、ページ右側の各月のリンク、または各カテゴリーのリンクからジャンプしてください。
ページの一番下の「次ページ」でも過去記事へジャンプできます。

また、当ブログ内の各都道府県別記事や、キーワードで検索される場合は、さらに下へスクロールし、右側、「goo辞書」下の「検索」窓から入力していただくと、その語句が含まれる記事が表示されますので、ご利用ください。

☆訪問地名ごとのリンクは下記へスクロールしてください。

地名は訪問時点での自治体名を表します。(()内を除く)
なお、リンクは各地初訪問または、最初の記事になっています。
2016年8月現在、46都道府県671地区 及び3国10地域
(東日本)
北海道
札幌市中央区北区南区東区豊平区厚別区江別市北広島市恵庭市千歳市苫小牧市小樽市余市町夕張市長沼町栗山町安平町厚真町むかわ町日高町平取町旭川市東神楽町美瑛町岩見沢市、砂川市、三笠市美唄市深川市奈井江町函館市七飯町網走市大空町斜里町釧路市標茶町根室市厚岸町

青森県
青森市、(浪岡町)、弘前市深浦町

秋田県
能代市八峰町大館市

山形県
山形市

岩手県
一関市平泉町奥州市北上市花巻市遠野市

宮城県
仙台市青葉区、宮城野区、太白区名取市塩竃市多賀城市松島町白石市

福島県
郡山市須賀川市会津若松市喜多方市猪苗代町磐梯町

茨城県
土浦市牛久市稲敷市阿見町取手市

栃木県
宇都宮市日光市、(足尾町)、栃木市、小山市

群馬県
前橋市みどり市高崎市富岡市草津町嬬恋村片品村

千葉県
千葉市中央区、稲毛区、美浜区、船橋市、習志野市、浦安市、成田市、君津市、館山市富山町

埼玉県
さいたま市大宮区鴻巣市、和光市、所沢市、飯能市入間市川越市東松山市、坂戸市、毛呂山町吉見町

東京都
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区、荒川区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区八王子市、立川市、武蔵野市三鷹市、府中市、町田市小平市国分寺市、狛江市、東久留米市、多摩市

神奈川県
横浜市中区、鶴見区、神奈川区、磯子区西区港北区、戸塚区、金沢区港南区、緑区、青葉区都筑区、川崎市川崎区幸区中原区高津区宮前区多摩区麻生区、相模原市中央区横須賀市鎌倉市逗子市葉山町大和市海老名市座間市藤沢市、平塚市、茅ヶ崎市、小田原市、湯河原町

山梨県
甲府市笛吹市韮崎市大月市富士河口湖町高根町、小淵沢町

新潟県
新潟市中央区東区江南区新発田市村上市上越市妙高高原町糸魚川市

富山県
富山市、(八尾町)、立山町朝日町高岡市氷見市射水市、南砺市(城端町)、(平村)、(上平村)、(福野町)、(福光町

石川県
金沢市加賀市

福井県
福井市あわら市、永平寺町、和泉村、敦賀市、三方町

長野県
長野市戸隠村、(鬼無里村)、信濃町麻績村上田市佐久市軽井沢町和田村南牧村松本市波田町安曇村豊科町穂高町塩尻市、(楢川村)、岡谷市諏訪市茅野市下諏訪町立科町富士見町大町市、(八坂村)、白馬村小谷村飯田市、阿南町、下條村、天龍村伊那市、(高遠町)、駒ヶ根市飯島町宮田村木曽福島町木祖村上松町大桑村南木曽町、(山口村

静岡県
静岡市葵区駿河区清水市由比町蒲原町藤枝市、(岡部町)、焼津市、島田市、(金谷町)、沼津市三島市清水町、函南町、伊豆の国市、伊豆市、御殿場市熱海市伊東市東伊豆町下田市富士市富士宮市、浜松市中区北区引佐町細江町三ヶ日町西区舞阪町浜北市天竜市春野町佐久間町水窪町磐田市、(豊田町)、掛川市袋井市森町、御前崎町、湖西市新居町

岐阜県
岐阜市、(柳津町)、羽島市笠松町岐南町北方町糸貫町真正町、(穂積町)、(巣南町)、山県市各務原市関市美濃市郡上市、白鳥町、美濃加茂市坂祝町可児市、(兼山町)、御嵩町大垣市、(墨俣町)、養老町海津市池田町揖斐川町大野町谷汲村垂井町関ヶ原町多治見市笠原町土岐市恵那市、明知町、(岩村町)、瑞浪市中津川市、(山口村)、高山市高根村、(宮村)、(上宝村)、飛彈市(古川町)、(神岡町)、白川村下呂市

(※文字数がブログ入力制限の20000文字を超えているため西日本と分割しています)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

訪問地名リンク 西日本

2016-12-31 00:00:00 | お知らせ

(※文字数がブログ入力制限の20000文字を超えているため東日本と分割しています)

愛知県
名古屋市中区東区西区、南区、北区港区、中村区、千種区、熱田区中川区瑞穂区緑区、名東区、昭和区、天白区、守山区日進町長久手町、東郷町、豊明市、春日井市、瀬戸市尾張旭市小牧市、豊山町、西春町師勝町西枇杷島町新川町清洲町春日町津島市甚目寺町美和町佐織町佐屋町弥富町一宮市尾西市木曽川町稲沢市平和町犬山市江南市岩倉市扶桑町大口町半田市常滑市東海市知多市大府市武豊町美浜町南知多町、東浦町、岡崎市額田町幸田町豊田市、足助町、旭町、三好町、刈谷市碧南市安城市知立市高浜市西尾市、幡豆町、吉良町、一色町、豊橋市、田原町、渥美町、赤羽根町、豊川市、御津町小坂井町、音羽町、一宮町、蒲郡市、新城市鳳来町作手村設楽町、(津具村)、東栄町富山村

三重県
津市、白山町、美杉村四日市市菰野町桑名市長島町員弁町、鈴鹿市、松阪市、(嬉野町)、伊勢市、小俣町、二見町玉城町鳥羽市、志摩市(志摩町)、(阿児町)、伊賀市、伊賀町、青山町、亀山市、(関町)、名張市

滋賀県
大津市草津市、野洲市、五個荘町、能登川町、近江八幡市、(安土町)、甲賀市(信楽町)(水口町)(甲南町)、彦根市米原町、(近江町)、長浜市木之本町、西浅井町

京都府
京都市下京区中京区上京区北区左京区右京区東山区西京区伏見区南区、山科区、宇治市向日市長岡京市、木津川市(木津町)、(加茂町)、井手町

奈良県
奈良市、山添村、天理市桜井市、宇陀市、大和郡山市橿原市大和高田市香芝市葛城市王寺町斑鳩町明日香村吉野町

大阪府
大阪市中央区浪速区港区天王寺区此花区北区城東区西成区住之江区阿倍野区淀川区、豊中市、吹田市、堺市泉佐野市、八尾市、寝屋川市

兵庫県
神戸市中央区灘区兵庫区須磨区、西区、西宮市、伊丹市姫路市相生市、赤穂市、上郡町、東浦町津名町

和歌山県
和歌山市高野町那智勝浦町

鳥取県
米子市境港市

島根県
松江市出雲市大田市

岡山県
岡山市倉敷市、玉野市、井原市

広島県
広島市中区東区南区西区廿日市市、(宮島町)、大竹市竹原市大崎上島町福山市、(神辺町)、三原市、尾道市

山口県
山口市、(小郡町)、美祢市萩市岩国市、(由宇町)、和木町柳井市、(大畠町

香川県
高松市坂出市丸亀市、宇多津町、多度津町、琴平町観音寺市

愛媛県
松山市北条市砥部町久万高原町、(美川村)、大洲市内子町今治市玉川町朝倉村波方町、大西町、菊間町、吉海町、宮窪町、伯方町大三島町上浦町西条市東予市宇和島市、(吉田町

徳島県
徳島市鳴門市三好市

高知県
高知市南国市、香南市(香我美町)、(赤岡町)、(夜須町

福岡県
福岡市中央区博多区東区早良区太宰府市、筑紫野市、粕屋町志免町糸島市、北九州市小倉北区戸畑区若松区八幡西区柳川市

佐賀県
唐津市、(浜玉町)、武雄市有田町、江北町

長崎県
長崎市佐世保市、島原市、南島原市(口之津町)、(深江町

大分県
別府市国東市由布市竹田市九重町

熊本県
熊本市益城町菊陽町大津町宇土市宇城市、天草市(本渡市)、(五和町)、阿蘇市南小国町南阿蘇村

鹿児島県
鹿児島市、(桜島町)、加治木町、霧島市(国分市)、(福山町)、(霧島町)、(牧園町)、(溝辺町)、指宿市、(山川町)、南九州市、屋久島町(上屋久町)、(屋久町

沖縄県
那覇市糸満市豊見城市南城市、与那原町、八重瀬町、座間味村、浦添市宜野湾市、沖縄市、うるま市嘉手納町読谷村中城村北中城村名護市本部町恩納村今帰仁村、宮古島市(平良市)、(下地町)、(上野村)、石垣市竹富町


イタリア共和国
 ラーツィオ州ローマ県
        フィウミチーノ

 ヴェネト州ヴェネツィア県
       ヴェネツィア

 トスカーナ州フィレンツェ県
        フィレンツェ

 ロンバルディア州ミラノ県
          ミラノ

 リグーリア州ジェノヴァ県
        ジェノヴァ
       インぺリア県
        ヴェンティミリア


モナコ公国
 モナコ市街区 モンテカルロ区


フランス共和国
 プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
  ニースカンヌ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝頂山生駒家墓所

2016-10-07 00:00:00 | いにしえびとの睡

(愛知県江南市小折町 1994年4月26日)
 豊臣氏臣、後に徳川氏臣であった生駒利豊の隠居屋敷が存在した宝頂山には、高さ190cmの四代家長夫婦五輪塔、五代利豊夫婦石廟、十代周房(ちかふさ)の墓碑があり、家長夫妻の墓は近くの久昌寺にも墓碑として別に存在する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮崎大塚古墳

2016-10-06 00:00:00 | いにしえびとの睡

(川崎市宮前区宮崎)
 住宅地の中に存在する直径28m,高さ5.5mの方墳と推定されている。頂きには「馬絹大塚供養塔」が建ち、大山街道と王禅寺道の分岐点であったため、道標代わりになっていたという。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五条川

2016-10-05 00:00:00 | 水のほとり

(愛知県江南市 1994年4月26日)
 桜が散り、新緑の季節となった五条川を漫ろ歩いた。五条川は岐阜県多治見市より発し、愛知県甚目寺町で新川に注ぐ延長28kmの一級河川であるが、途中、入鹿池や木津用水等と流出入するため、流量も一定で川幅も狭い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬絹古墳

2016-10-04 00:00:00 | いにしえびとの睡

(川崎市宮前区馬絹 県指定史跡)
 馬絹神社の背後、開発された住宅地を見下ろす丘陵に位置する。昭和46年(1971)発掘調査が行われ、直径33m,高さ6m,葺石、周溝を持つ横穴式石室の円墳である。
   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曽本二子山古墳

2016-10-03 00:00:00 | いにしえびとの睡

(愛知県江南市曽本町二子 1994年4月26日)
 現地に到着する途中、小田井、西春付近は地下鉄相互乗り入れ完成により変わってきていた。今回は一宮市、江南市、小牧市、岩倉市、大口町の境界線付近を訪れた。岩倉市は昭和57年以来12年振り、小牧市、江南市は平成2年以来4年振りであるが、今回のこの付近を歩くのは初めてである。付近の人々にものを尋ねるとき、年齢の高い人ほどいわゆる名古屋弁が多く現れていた。尾張地方は県外出身者や比較的若い世代の人が多いので、市街地ではそれほど聞かないが、周辺部ではまだまだ使われていた。  現犬山市に入鹿池及び入鹿用水が完成した寛永十年(1633)以降に用水懸かりの新田開発が行われた三ツ淵入鹿原新田を通り、曽本二子山古墳に出た。古墳は公園として整備されていて、墳丘上は草生地となっている。全長60m,高さ7m,横穴式石室の前方後円墳であり、寛永二年(1625)と明治20年(1887)の発掘によって金環、玉類、甲胃、刀、金銅製鏡板、鎖鉸具、轡、須恵器等が出土している。明治20年以前には隣接して2基の円墳が存在し、あわせて二子塚、弁慶塚と呼ばれたという。また、昭和46年(1971)に測量調査、昭和63年(1988)には発掘調査が実施され、二段築成で周濠を持つことが確認された。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬絹神社

2016-10-02 00:00:00 | かみのやしろ

(川崎市宮前区馬絹 旧村社)
 元々は女体権現と称し、創建時期は不明であるが、元禄時代の古文書に「女体権現社地五反二畝歩」と記載が見える。また、第二次世界大戦時に切り倒されたという境内の松は、源頼朝が松に馬の袖絹を掛けたことから、地名が馬絹になったという伝説がある。祭神は伊邪那美命(いざなみのみこと)であり、神体の神像に嘉永四年(1851)辛亥年九月吉日と記銘されている。明治43年(1910)この女体神社、熊野神社、白山神社、八幡神社、三島神社を合祀し神明神社と改称した。その後、昭和61年(1986)に至り、社殿改築を機に社名を地名をとって馬絹神社と改称した。本殿の背後には富士塚(富士信仰)がある。
        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市見堂跡

2016-10-01 00:00:00 | かみのやしろ

(愛知県豊川市千両町宝辺 1993年9月12日)
 室町時代、作手(つくで)往還沿いに六斉市(月六回定期的に開かれる市)が開設された際に市神(いちがみ)が祀られた。その市神と市神を祀った市見堂も現在はなく、馬頭観音石像二躰(左側は無銘、右側は天正六年(1578)一月立と刻まれている)があるのみである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電車とバスの博物館

2016-09-30 00:00:00 | RODEN-哀愁のrailway-

(川崎市宮前区宮崎)
 東急田園都市線宮崎台駅高架下にある展示施設である。この日は、リニューアルのため一時休館していたものが再オープンして間もないときに訪れた。元々は昭和57年(1982)東京急行電鉄創立60周年を記念して、高津駅高架下に開館したのが始まりの施設であり、平成14年、二子玉川-溝の口間の複々線工事に伴って一旦閉館し、現在地に移転開館した。
 
        
      玉川線デハ200-204 1955年
 三菱ふそうB623B 東急コーチ1号車 1970年
  日野RB10
            モハ510-510 1931年
  YS-11-109 JA8662「なると」1966年
        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

増水の豊川

2016-09-29 00:00:00 | 水のほとり

(愛知県宝飯郡一宮町 1993年9月9日)
 台風14号が通過し、普段より3m水位が上昇した豊川(とよがわ)。そのため、日常は露出している部分も水没していた。また、いつもと違う川を眺める人を多く見かけた。賀茂橋の上流側に歩道橋を造る計画があり、豊川市側の第一橋脚のみ完成しているが、賀茂橋本体と基礎が独立し連続していないため、空間の土砂が水流によって抉られるのを防ぐ鉄板が設けられていて、それを心配そうに見る工事業者の姿があった。小河川である帯川は、流路延長、流域面積、支流数共規模が小さいので早く水が引き、落ち着きを取り戻していた。
 東名高速豊川橋付近
 
 帯川

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万世橋界隈

2016-09-28 00:00:00 | RODEN-哀愁のrailway-

(東京都千代田区外神田・神田須田町)
 雑然と林立する現代建築の傍らに、統一感のある近代建築が視界に入る。神田川に架かる万世橋は、昭和5年(1930)に改築されたRC造石張りの橋であり、すぐ横には昌平橋駅に代わって明治45年(1912)に中央線の起点として開業した万世橋駅が、昭和18年(1943)まで存在した。途中、関東大震災による駅舎倒壊、中央線の延伸、鉄道博物館の移転併設等を経て、第二次世界大戦中に駅は休止された。その後は鉄道博物館(後の交通博物館)として駅の隣接地で平成18年まで運営され、交通博物館の跡地はJR万世橋ビルとして、万世橋駅跡地は煉瓦造の高架を利用して、商業施設 mAAch ecute 神田万世橋として整備された。
                                 

(関連記事:万世橋平成二十二年 秋葉原 外神田

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

割塚

2016-09-27 00:00:00 | いにしえの人びと

(愛知県宝飯郡一宮町篠田字割塚 1993年8月6日)
 篠田の小字になっている割塚(わりづか)を訪れる。割塚は直径8m,高さ0.9m,楕円形をしていて、中世の何らかの塚と考えられているが、詳細は分からない。現在竹林となっている割塚の地主が塚の西側のお宅であることが分かり、その地主の方に詳細を伺った。地主の方は「うちは分家で地所を分けて貰うとき、あの塚は祟りがあるから手を付けないようにと言われ、未だにそのままにしてある。気分的なものもあるし」ということであった。割塚の隣字である古井戸に、かつて長篠の戦いで敗れた武士とされる五輪塔が発見され、触ると祟りがあるという場所があったが(現在は四ツ家墓所に移転)、この割塚も同様の性格の塚かもしれない。また、篠田は近世から近代にかけて、かわらけ(土師系土器の皿)を生産する時期があった。「わりづか」は、その土器を処分する意味合いがあるのかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野毛稲荷塚古墳

2016-09-26 00:00:00 | いにしえびとの睡

(西岡5号墳 東京都世田谷区上野毛 区指定史跡)
 国分寺崖線(多摩川左岸河岸段丘)上の住宅街に保護された一角がある。野毛・田園調布古墳群の一つであり、全長33m,高さ3m,4世紀末の前方後円墳である。平成7年、21年の発掘調査によって、粘土槨と周溝が検出され、鉄刀、管玉等が出土した。

(関連記事:野毛大塚古墳 鵜木大塚古墳 田園調布古墳群 浅間神社古墳 狐塚古墳 天神山古墳

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

登屋ヶ根城

2016-09-25 00:00:00 | 城郭・城下町

(愛知県宝飯郡音羽町長沢字番場 1993年8月4日)
 永仁年間(1293-8)讃岐国から移った番場太郎致由が築いたのが始まりという。その後、文安年間(1444-9)に今川常氏がこの城に入り、弟の経国は関口姓を名乗った。桶狭間後は今川氏臣の糟谷善兵衛、小原鎮宗が城を守っていたが、永禄四年(1561)松平元康(後の家康)は松平信一を攻めさせ登屋ヶ根城は落城した。この際、松平勢本多忠勝が初陣を飾ったという。現在、城跡は堀が確認できるが、大半が畑であり、一角にファッションホテルが建っていて違和感がある。


(関連記事:赤石神社 長沢山城)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加