横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

愛と悲しみの「グレン・ミラー物語」。

2013-02-28 | 映画
天気がパッとしない昨日は、NHK-BSプレミアムで何年ぶりかの映画「グレン・ミラー物語」(1954年/アメリカ)。スウィング・ジャズの創始者~グレン・ミラーにはジェームス・スチュワート、その愛妻にジューン・アリソンが演じています。ラブ・ロマンスを経て、作曲家として数々のヒット曲を生み出しますが、突然の飛行機事故で亡くなるまでの波乱に満ちた伝記映画です。「ムーンライト・セレナーデ」や「イン・ザ・ムード」、「真珠の首飾り」など、永遠に輝くミラー・サウンドをたっぷりと聴くことができます。見終わってから、思わずCDを取り出して、また聴き入ってしまいました。いや~っ、映画って本当にいいですね!。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしいNHKの「夢であいましょう」。

2013-02-27 | TV番組
NHK-BSの「プレミアムアーカイブス」は放送60周年記念の特別番組を放送しています。先日、見たのは60年代の懐かしい「ジェスチャー」と「私の秘密」、「ひょっこりひょうたん島」、それに「夢であいましょう」でした。中でもコントやギャグを交えてのバラエティ番組「夢であいましょう」は、毎週土曜日の夜の楽しみでした。昭和36年(1961年)から昭和41年(1966年)までの5年間放送され、「こんにちは赤ちゃん」や「上を向いて歩こう」などの、ヒット曲を生み出しています。中嶋弘子さん(写真)の首を傾けて挨拶する姿が、当時話題になったのも懐かしく甦りました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

古きよき純喫茶時代の憩いの辞典。

2013-02-26 | 読書
古書店で買った立派な「喫茶店百科大図鑑」(カメラとペン=沼田元気/ギャップ出版)。カフェにとってかわられた古きよき「純喫茶」時代の風俗が、全編オールカラーの写真で綴られた憩いの辞典です。喫茶店の定義や歴史に始まって音楽、映画、文学からメニューやマッチ、インテリアまで、喫茶店に関する知りたいことがすべて網羅されています。ただ、あくまでも喫茶店の周囲にこだわり、「いかにおいしいコーヒーを煎れるか」については、いっさい書かれていません!。因みに著者・沼田元気氏の俳号は「奇一茶」、「日本孤独の会会員」です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

謎に包まれた写真~「崩れ落ちる兵士」。

2013-02-25 | 写真
有名なスペイン内戦の際の「崩れ落ちる兵士」の写真は、果たしてホンモノでしょうか。そんな興味に惹かれつつ、横浜美術館で開催中の「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」を見てきました。この写真展は戦場カメラマン二人の約300点にのぼる豊富な作品と関連資料で、生涯の活動の軌跡を辿っています。27歳の若さで戦場で亡くなったタロー、そして、41歳の時に地雷を踏んで命を落としたキャパ。両者の深いつながりと個性の違いを浮かび上がらせています。作品の真贋はともかく、これだけの迫力ある写真を見せられれば、報道写真家としての地位は揺るぎないものだと言わざるをえません。3月24日(日)まて。1100円。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

珍しいパイプオルガンとN響の競演。

2013-02-24 | 音楽
昨日はみなとみらい大ホールでの「NHK交響楽団定期演奏会」。指揮はイケメンの準・メルクル氏です。プログラムの前半はリストの交響詩「レ・プレリュード」と「ピアノ協奏曲第1番」。ピアノはルーマニアのヘルベルト・シュフ氏です。後半はサン=サーンスの「交響曲第3番」で、珍しいパイブオルガン(新山恵理さん)との壮麗なハーモニー!。リストはサン=サーンス芸術の良き理解者~ポリシーのあるプログラムという訳です。ピアノのヘルベルト・シュフ氏のアンコール曲は、リスト編曲による「ラ・カンパネラ」でしたが、準・メルクル氏とN響は終演後の絶大な拍手にもかかわらず、とうとうアンコール曲が聴けませんでした。残念!。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

アザラシだけのためのコンサート!。

2013-02-23 | 読書
スコットランドの美しいアイラ島(有名なシングルモルトウィスキーの産地ですね)の話です。広大な土地に動物たちと暮らすフィオナさんは、舟を出して小さな岩の島でアザラシだけのためにヴァイオリンを演奏。アザラシたちは水面から顔を出してウットリ!。このコンサートを始めるきっかけは、海岸でヴァイオリンを練習していたら、アザラシがあちこちから集まってきたこと。フィオナさんはアザラシが減ってゆくのを心配して、この地の森まで購入してしまったとか~。世界中を旅している椎名誠氏の「ごんごんと風にころがる雲をみた。」(柏艪社)に、こんな感動的な話が掲載されていました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

JBLで聴く「ジャズ・パラダイス」。

2013-02-22 | 音楽
地下鉄蒔田駅近くのコミュニティハウスで、ジャズの名盤を聴く「ジャズ・パラダイス」の会がありました。題して「絶賛 ジャズ特選!」。講師の方の解説付きで1時間30分、JBLのスピーカーでたっぷりとジャズのシャワーを浴びてきました。MJQやウェス・モンゴメリー(g)のスタンダードから、森山威男や中村誠一の国産ジャズなどなど~。オスカー・ピーターソンやMJQ、それに鈴木章治などの貴重な映像も~。2009年から始まったこの会ですが、今回をもって最終回だそうです。家庭ではなかなか出せない大音量ジャズ!。また何かの機会に再開してほしいものです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

イタリア映画は子役がすばらしい!。

2013-02-21 | 映画

先週のWOWOWシネマの映画は「自転車泥棒」(1948年・イタリア)。舞台は第2次世界大戦後のローマ。長い失業の末、映画ポスター貼りの職を得たアントニオですが、自転車を持っていることが必須条件。やっと質から出した自転車が盗まれて、息子のブルーノとひたすら街中を捜し回るストーリーです。最後にはアントニオがいたたまれずに、他人の自転車を盗みますが、その時のブルーノの表情が名演技!。因みにこの親子は素人俳優だそうです。しかし、「ニュー・シネマ・パラダイス」のトトといい、「ライフ・イズ・ビューティフル」のジョズエといい、イタリアの子役の名演技には驚くばかりです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

古民家で楽しむお雛様と吊し飾り。

2013-02-20 | 鎌倉
もうすぐ桃の節句ですが、北鎌倉の古民家ミュージアムで「お雛さまと吊し飾り展」が開催されていました。鎌倉市内出土の日本最古の雛人形をはじめ、江戸時代の御所人形や数々の雛道具が展示されています。また、今回は色鮮やかな吊し飾り100点が、一層の華やかさを添えていました。東慶寺近くのかまくら陶芸館には、源氏の白旗・平家の赤旗に因んだ源平吊し飾りも~。その他、北鎌倉周辺を歩いているとアチコチに吊し飾りが、行き交う人の目を楽しませてくれますが、これは北鎌倉吊し飾り実行委員会の企画。3~4年前から始まった、一種の街おこしのようです。なお、古陶ミュージアムの企画展は4月7日(日)まで。500円です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

地域活動に貢献する「はまっこSKY」。

2013-02-19 | 散歩、横浜
またまた先日の「港南区社会福祉大会」の話題ですが、唯一の若い女性たちの福祉グループ「はまっこSKY」の発表が輝いていました。中高大学生のボランティアグループで、子どもの見守り、地域清掃や行事、日下地域ケアプラザでのデイサービス、障害児支援事業に協力しています。地域の活動者が高齢化する中、若い力を発揮して地域活動に貢献し、地域と子どもたちをつなぐ役割も担っています。このグループが主催するのはボール遊びや折り紙、手芸などですが、外部講師を招いてサッカー教室や人形劇なども楽しむことも~。東日本大震災をきっかけに地域の子どもたちを守りたい、という強い想いがグループ結成の要因。何ごとにも手を抜かずに体当たりで接することが、子どもたちにも少しづつ伝わっているようです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

地域の人には日頃から挨拶を~。

2013-02-18 | 散歩、横浜
先日の「港南区社会福祉大会」での、国際救急法研究所理事長・宇田川規夫氏の講演「未来へ備えて今、地域でできること~すすめよう、地域防災~」は、たいへん参考になりました。地震による死因は関東大震災では火災による焼死、阪神淡路大震災では家屋や家具などの倒壊による圧死、そして今回の東日本大震災では、津波による溺死が多かったという話に始まり、横浜で被災した場合の注意点などが話されました。避難所生活や食料、トイレの問題などもありますが、印象に残ったのは、地域や隣り近所との連携が大切ということ。それには日頃から挨拶したり、声を掛け合ったりすることが重要とのこと。自らに置き換えて、反省点の多々あるひと言でした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

港南区の福祉活動感謝状表彰式。

2013-02-17 | 散歩、横浜
昨日は撮影を依頼された「第32回港南区社会福祉大会」。会場は上大岡オフィスタワー12階のウィリング横浜です。第1部は港南区と同福祉協議会からの感謝状表彰式典、第2部は地域活動の発表と国際救急法研究所理事長・宇田川規夫氏による地域防災の講演。誰もが安心して暮らせる街づくりを目指す港南区では、支えあい活動が活発に推進され、こうした福祉活動に携わった人たちや団体が多数表彰されていました。気持ちはあっても、なかなか実行できない福祉ボランティアの方々の存在~陰で支えてくれる人たちが居ることを改めて知ることができました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

悲しい実話だった童謡「赤い靴」。

2013-02-16 | 散歩、横浜
昨日のNHKで紹介された「食べラン~横浜編」で、山下公園の「赤い靴像」前で皆さんが合唱していた童謡「赤い靴」(野口雨情作詞・本居長世作曲)。先日の「にぎわい座」で聞いたアコーディオン漫談の近藤志げるさんから、曰く付きの悲しい童謡だという話を聞かされていました。そこで調べてみると~。赤い靴を履いていた女の子は実在の人物で名前は「岩崎きみ」(1902年生まれ)。私生児だったため貧しくイジメなどにもあい、静岡から北海道を転々。そこでたまたまアメリカ人宣教師と出会い、過酷な未開地で苦労するよりも新天地へ旅立つつもりが、結核で孤児院に預けられ、アメリカへゆくことも叶わず9歳で亡くなったということです。山下公園内にある赤い靴像の女の子は、膝を抱えて寂しそうに海を見つめています。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ランニングとグルメのコラボ!。

2013-02-15 | TV番組
今朝のNHK「まちかど情報室」は10kmをゆっくり走って、その後においしいご馳走を戴く「食べラン」!。今月9日(土)に実施された「横浜ベイサイド~中華街編」が紹介されていました。準備運動をしてから海岸通りや赤レンガ倉庫、大桟橋、マリンタワーを回り、ランニングステーション「THE SPACE」でシャワー・着替えしてから予約してある中華街へ。昨年から始まったクラブツーリズムの企画で、ランニングとグルメのコラボレーション!。第1回は浅草~スカイツリー~両国を回る「東京下町編」だったようです。これなら三浦マラソンや横浜マラソンの10kmコースを3回走った当研究会でも、練習に励めばまだまだ走れそうです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙船をイメージした本郷台リリス。

2013-02-14 | 散歩、横浜
コンサートや展示会でよく訪れる、JR本郷台駅近くの「リリス」(正式名称は神奈川県立地球市民かながわプラザ)。消防学校跡に平成10年(1998年)、主に国際交流を目的に建てられた施設です。外観は写真の通り、宇宙船をイメージ。館内にはギャラリー、研修室などが併設されていますが、中でもすばらしい音響効果のコンサートホールは、市内の音楽ファンに親しまれているようです。因みにこの週末には「栄ソリスティコンサート~春を待つ」(16日)と「ピアノ・邦楽合同演奏会」(17日)が開催されます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加