横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

彼岸花咲く日向薬師付近の里山。

2011-09-30 | 散歩、横浜
40年以上前の丹沢1泊縦走以来の、小田急伊勢原駅に降り立ちました。バスで日向薬師方面に向かい、田園風景が広がりはじめた「温泉入口」で下車。時節柄、彼岸花が群生とは言えないまでも畦道にチラホラ。だらだら坂を登ること30分ほどで、日向薬師の参道に到着。豊かな自然に恵まれたこの辺りは、古くから大山信仰のための参詣の路が整備され、「関東ふれあいの道」としてその名残をとどめています。元正天皇の頃(716年)に僧行基によって開祖された、日向薬師は日本三大薬師のひとつ。ただ、涼しくて静かな岩の階段を上がったのですが、今年から平成28年(2016年)まで「平成の大修理」とかで、本殿は巨大な足場の中でした。残念!。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

小町大路の日蓮上人辻説法の跡。

2011-09-29 | 鎌倉
昨日のWOWOWで、懐かしの大映映画「日蓮と蒙古大襲来」(1958年)を放送していましたが、 先日、鎌倉を訪れた時に日蓮上人の「辻説法の跡地」が~。当時、地震、台風、疫病などで不安と恐怖におののく人々を救うために、日蓮(1222~82)が毎日辻説法を説いたのが小町大路のこの地。日蓮は「立正安国論」を著し、後の元寇(蒙古襲来=1274年)を予言したことで知られています。「政治が正しくなければ、庶民の生活も安んずることがない」とは、今の時代にも通じるところが~。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

真っ赤な彼岸花は初秋の風物詩。

2011-09-28 | 散歩、横浜
植えた覚えのない、秋を告げる彼岸花が庭の片隅に咲きました。ちょうどお彼岸の時期に咲くので彼岸花といわれ、別名は曼珠沙華。幼い頃に田んぼの畦道などに、唐突に咲いていて驚いた経験があります。彼岸花といえば、日本一の群生地として埼玉県日高市の巾着田が有名。カメラマンのお馴染みスポットですが、今がちょうど見頃で、「曼珠沙華まつり」も10月2日(日)まで。小津安二郎監督の名作「彼岸花」(1958年)という映画もありましたね。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉の静かな路地裏を散策~。

2011-09-27 | 鎌倉

県立近代美術館の帰りに八幡宮の段葛を渡り、静かな路地裏を散策してきました。今では懐かしい木の塀が連なる辺りに、「宇都宮稲荷大明神」の赤い幟が~。承久元年(1219年)に実朝暗殺、そして6年後には北条政子が亡くなり、源氏の時代が終わりを告げ、執権北条泰時が気分一新を図るためにこの地に幕府を移したといわれています。「宇都宮」の名称は幕府の有力御家人であった宇都宮氏の屋敷があったからだと伝えられています。この先に大佛次郎茶亭(写真下)もあり、観光客もあまり歩かない静かな小路です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

パリの街角を描いた「門の広告」。

2011-09-26 | 芸術
県立近代美術館鎌倉の「近代の洋画」(後期)を鑑賞してきました。お気に入りの佐伯祐三をはじめ藤田嗣治、黒田清輝、梅原龍三郎、安井曽太郎、岸田劉生、中川一政などの傑作が展示された、開館60周年記念のベストコレクション。昭和26年(1951年)に所蔵品のない美術館として開館したこの美術館も、約10000点もの作品を所蔵するまでになったそうです。中でも一貫して所蔵に努めているのが日本近代洋画!。八幡宮の参道を一歩外れれば、芸術を堪能できる静かな空間でした。10月10日(祝)まで。65歳以上は350円です。写真は展示作品ではありませんが、30歳で亡くなった佐伯祐三の「郵便配達夫」(1928年)。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

繁雑な野毛の街自体がジャズ♪。

2011-09-25 | 音楽
昨日発売の「JAZZ Japan」14号に、ローカル・ジャズを楽しむ3人の達人の特集が掲載されていました。まず、葉山の湘南ビーチFMを主宰するニュースキャスターの木村太郎さん。お茶の水~神保町を紹介する宇崎竜童さん。そして、われらが呑兵衛の街~野毛を徘徊する俳優の高橋長英さんが「ローカル・ジャズの愉悦」について語っています。戦後、闇市として発展した野毛は、みなとみらい地区の開発や東急東横線桜木町駅の廃止など、幾多の難局を切り抜けて力強く再生。横浜の街がジャズに染まる「横濱ジャズプロムナード」も間近かです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

アイリッシュフィドルに挑戦。

2011-09-24 | TV番組
NHK-BSの「旅のチカラ~ヴァイオリンは歌い、フィドルは踊る」は、広いジャンルで活躍するヴァイオリニスト葉加瀬太郎さんが、アイリッシュフィドルに挑戦。アイルランドの民族音楽とアイラ・ウィスキーを、こよなく愛する当研究会としては堪らない番組でした。3回連続でビートを刻むトリプレット奏法に悪戦苦闘!。なんとかタラ・ケーリー・バンドとの共演にまで漕ぎ着けた、葉加瀬さんの安堵の笑顔が印象的でした。それにしても、パブでのギネスの生ビールがおいしそうでした。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

地域の飲食店が街を活性化!。

2011-09-23 | TV番組
昨夜のNHK「Bizスポ」で紹介されていた「食べないと 飲まないとin広島」。地域の飲食店が手を取り合って、街を活性化しようという、近頃流行りの街おこしのイベントです。あらかじめチケットを購入して、地図にある飲食店で割安で楽しめるシステム。これって、わが横浜の「野毛通手形」のパクリか、と思ったら全国的に広がりをみせ、東京上野でも成功して来月には東京神楽坂でも開催されるそうです。今回で3回目の「野毛通手形」。1800円で来年2月末まで開催中。おいしいお店の新規開拓にピッタリです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

噂通りの蒔田の焼肉店「天龍」。

2011-09-22 | 呑み処
先日の敬老の日に会食した、蒔田の焼肉「天龍」は噂通りのおいしさ!。インターネット口コミの「食べログ・ベストレストラン賞受賞」したそうです。同店は横浜市内に数店の店舗展開をしていますが、お店のモットーは「ホスピタリティ」だとか。キビキビしたイケメンスタッフが厳選されたこだわりの国産牛肉を提供しています。もちろん、生ビールはキンキンに冷えていました。写真は「さくら肉極上ロース」と「厚切り上タン」です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

50年に1度咲く龍舌蘭の寺。

2011-09-21 | 散歩、横浜
日野の春日神社の隣にあるのが徳恩寺。建武2年(1335年)に等海律師によって開創された高野山真言宗のお寺です。ここは50年に1度咲くという龍舌蘭で有名。数年前に1度見ることができますたが、咲き終わると枯れてしまいました。これからの季節、各種の菊の花も見事だそうです。台風15号の接近が心配です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スカイガーデンから横浜を展望。

2011-09-20 | 散歩、横浜
17日(金)から昨日の敬老の日までの3日間、日本一の超高層ビル・ランドマークタワー69階の展望台が無料ということで、久しぶりに横浜の360度を‘空から散歩’してきました。4面ガラス張りの高層ビューからは、東京スカイツリーから伊豆大島まで見えるということです。また、展望台までのエレベーターは最高分速750mで、2~69階までを約40秒で結んでいます。 今度はゆっくりと夜景でも撮影したいですね。因みに平日の「雨の日」と休日の「視界ゼロの日」は、通常1000円が700円に割引きされ、1ドリンク(生ビール・ソフトドリンク)のサービスがあるそうです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

日野の里の守護神~春日神社。

2011-09-19 | 散歩、横浜
夕方、涼しい風が吹きはじめてからチャリ散歩に~。港南区日野インター入口の手前を左に入ったところが、入口に縁結びの木が立つ春日神社(横浜市指定文化財)。急な94段の階段を登ると権現造りの神殿が鎮座しています。この春日神社は承徳2年(1098年)、武蔵国守となった藤原成美に由来し、その後、正慶2年(1333年)の鎌倉幕府滅亡の攻防戦に捲き込まれて焼失。現在の神殿は安政2年(1855年)に名主高梨林右衛門によって再建されたものだそうです。また、「彫刻の神社」と呼ばれているそうなので、今度ゆっくりと眺めてみたいものです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

`ジャズ通~たけし'が選曲・監修。

2011-09-18 | 音楽
ビートたけし監修のジャズコンピレーションCD「たけしとジャズ」(3200円)を聴いてみました。60年代ジャズ喫茶で聴いたサウンドが2枚組の中にギッシリ!。2時間35分の間、若かった頃にタイムスリップさせてくれました。同じ曲でも年代が違ったり、演奏者が違えて聴かせるなどの懲りよう。昨日、東京・銀座山野楽器での発売イベントも大盛況!。発売元のユニバーサルミュージックによると、ジャズのCDは1万枚売れればヒットと言われる中で、発売10日で3万枚を突破したそうです。低迷するジャズCDも、企画の視点を変えればヒットにつながるという一例ですね。10月8日(土)からは「横濱ジャズプロムナード」も開催されます。
Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

塔屋が印象的な山梨「藤村式建築」。

2011-09-17 | TV番組
このところの残暑で読書と音楽、テレビのBS三昧!。「ぶらぶら美術・博物館」に引き続いての6分番組ですが、中味は濃厚な「知られざる百年遺産~わが町の建築物語」。インク壺形の校舎~山梨県の「旧春米(つきよね=読めません!)学校」(写真)が紹介されていました。明治9年(1876年)に建てられた塔屋が印象的なこの建築様式は「藤村式」と言われ、当時の山梨県令(知事)であった藤村紫朗氏が奨励した洋風建築だそうです。明治中期までに藤村式建築の学校・官公庁は100件ほどに~。若い頃に家族で山梨県勝沼のペンションに泊まり、オーナーに奨められたのはこれだったのですね!。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ベイスターズに久々の新星~!。

2011-09-16 | スポーツ
昨夜のベイスターズとジャイアンツの試合(横浜スタジアム)は、6-5でベイスターズが辛勝しましたが、ファームから上がってきた筒香選手がホームランを含む3安打3打点の大活躍!。久々にニュースターの誕生です。筒香選手は2009年のドラフト会議で、1位指名されて横浜高校から入団。神奈川県新記録の69ホームランの長打力が買われて、将来を嘱望されていた逸材です。しっかりした体格とどっしりとした構え~来年のベイスターズが楽しみです。が、それより来年はベイスターズという球団が存続するのか、そちらは心配です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加