横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

弘明寺の立ち飲み居酒屋を発見。

2010-03-31 | 呑み処
南スポーツセンターで汗を流してから、例によって生ビールで乾杯。大岡川の五分咲きの桜を愛でつつそぞろ歩いていると、新しい立ち飲み居酒屋「麦ばたけ」を発見!。さっそく潜入してみると、椅子席も少しあるこギレイな店。ツマミも100円以下から刺身、馬刺し、カルビ、和牛レバーなど300円前後の強力なラインナップ!。呑兵衛にはたいへんうれしい数字です。昨夜は既に飲んでいたので、YEBISUの生ビールと枝豆、締めて480円で引き上げました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーロッパの女帝と王妃の宮殿。

2010-03-30 | TV番組
28日(日)のBSジャパン「美の巨人たち~500回記念スペシャル」は、ヨーロッパの3つの宮殿とそれにまつわる女帝と王妃の歴史を紹介する2時間15分番組。シェーンブルーン宮殿は110年ぶりの大修復のお陰で、貴重な天井画が至近距離で撮影されていました。このシェーンブルーン宮殿のマリア・テレジア、ヴェルサイユ宮殿のマリー・アントワネット、エルミタージュ宮殿のエカテリーナ2世と、それぞれの宮殿に縁の深い女帝や王妃にスポットが~。マリー・アントワネットが処刑された年の喪服姿の最後の肖像画が衝撃的!。日本のテレビ初公開だそうです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークは12連休!。

2010-03-29 | 散歩、横浜
昨日のJR東日本の新聞折り込み広告に「前半の3日間を休めば6連休、30日を休めば7連休」~と。ということは、4日間休暇を取れば4月24日(土)から5月5日(水・祝)まで、なんと12連休というわけです。と言っても「サンデー毎日」のハッピー・シニアライフには関係ありませんが~。いずれにしても、これからの爽やかな新緑の季節、お得なキップで鉄道の旅もいいですね。「ヨーロッパ鉄道の旅」が夢ですが、手短かに大井川鐵道や磐越西線のSLの旅で我慢しましょうか。ゴールデンウィークの計画はお早めに!。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

季節感のある報道写真的な作品。

2010-03-27 | 写真
デジカメの普及とシニアのカメラマンが増えたせいか、あちこちで写真展が開催されています。その中のひとつ、吉野町市民プラザの「第12回江影会写真展」に出掛けてきました。この会は元新聞社写真部長が講師を努め、実戦カメラ技法教室で学んだ人たちの集まりとのこと。課題のテーマ作品「光」と自由作品58点を展示。季節感を盛り込んだ報道写真的な作品は、たいへん参考になりました。29日(月)まで。提灯も飾られた大岡川の桜は、五分咲きといったところでしょうか。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

芽吹くか、鎌倉八幡宮の大銀杏。

2010-03-26 | 鎌倉
鎌倉の海を散歩した帰りに、心配な八幡宮の大銀杏の様子を再度見てきました。大銀杏は根元から4m位の所で切断され、元の場所から6~7m位左側に移動して移植。本殿前の大石段の左側には安全のための仮柵が設けられ、参拝者の通行が可能になっていました。さっそく本殿に参拝、大銀杏の再生を祈願してきました。舞殿近くの「大銀杏芽吹き」を祈願する記帳所にも長蛇の列。これから暖かな春!。芽吹き再生の可能性も高まったようです。今夜からセ・リーグ開幕!。新生ベイスターズの健闘も祈願してきました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

戦後日本のスキャンダルの集大成。

2010-03-25 | 読書
冷たい雨の一日は、部屋の片付けと読書三昧!。しばらく前の読みかけの文庫本を読み終えました。「『週刊新潮』が報じたスキャンダル戦後史」(新潮文庫)。昭和31年(1956年)、「週刊新潮」創刊以来、人間の本質を抉り続けた半世紀。☆田中角栄逮捕☆小野田少尉帰還☆巨人長嶋クビ☆鷹司氏事故死☆外務省機密文書漏洩☆宇野首相の愛人☆金嬉老事件☆三島由紀夫自決☆三菱銀行と梅川☆三越クーデターの顛末~など、政財界事件から皇室報道、芸能ゴシップまで、戦後史を彩った傑作記事を一冊に凝縮した、重~い文庫本でした。本日発売の「週刊新潮」(4月1日号)のスキャンダルも凄いですよ!。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

横浜松坂屋本館が取り壊しに~。

2010-03-24 | 散歩、横浜
横浜市の歴史的建造物に指定されていた伊勢佐木町の横浜松坂屋本館(旧野澤屋)が認定を解除され、間もなく解体工事が始まるそうです。この建物は大正10年(1921年)の建築で、幾何学模様のアールデコ様式のデザインがが内外に施されています。平成20年10月の閉店前にカメラに収めてきたエスカレーターの電飾模様や矢印が動くエレベーターの階数表示(写真)、屋上排水溝に刻印された《入九》のマークなどが、懐かしく思い出されます。学生時代に憧れのデパートガール(古い!)とお近づきになるためにアルバイトした場所も、とうとう取り壊しの運命に~。またひとつ思い出の地が消えてゆきます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2000年の時空を超えて~。

2010-03-23 | 散歩、横浜
海外旅行でいつもご一緒する、東京のご夫妻と横浜駅付近でランチ。一昨日から開催されている横浜美術館の「ポンペイ展」を観覧してきました。ポンペイの遺跡からの出土品を中心に、日本初公開を含む壁画、彫刻、工芸品、日用品など約250点を展示。ポンペイを訪れた時には見られなかった美しい銀食器や浴槽システムなど、豪奢な暮らしぶりを思わせる貴重な品々が本展のハイライトです。生きることを楽しんだ古代ローマ人の生活に、2000年の時空を超えて思いを馳せてきました。グッズコーナーには「ポンペイ糖」が~。「大阪の人が創案したヒット商品」だそうです。さすが!。6月13日(日)まで。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「江ノ電」は全線開通100周年。

2010-03-22 | 鎌倉
めっきり春めいてきたので、キラキラ輝く湘南の海を眺めてきました。降り立った鎌倉高校前駅は「関東の駅百選」に選ばれた駅。目の前に広がる海の向こうに、江ノ島が望めるすばらしいロケーション。映画やテレビドラマの撮影スポットとしても有名です。鎌倉と藤沢間約10Kmを34分で結ぶこの江ノ電は、明治43年(1910年)に全線開通。今年で100周年を迎えます。無人駅だったので♪サザン・メロディ♪を口ずさみつつ、砂浜の感触を楽しんできました。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

緑一色のセントパトリックデイ。

2010-03-21 | 散歩、横浜
昨日、横浜元町商店街で第7回目の「セントパトリックデイ・パレード」が開催されました。午前中の料理教室のためにパレードには間に合いませんでしたが、何かカメラの題材になるかなと出掛けてきました。セントパトリックはアイルランドの守護聖人。3月17日は命日で、アイルランドでは祝日になっています。緑色の衣装を身にまとった人々で、商店街は大賑わい!。リズミカルな音楽に乗って、アイリッシュ・ダンスを踊る老若男女!。春を告げるパレードとして、元町商店街に定着したようです。最近見つけた裏通りのスペイン・バルでGUINNESSの乾杯!。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

痛快!、徹底した酒談義の文庫本。

2010-03-20 | 散歩、横浜
先日、作家椎名誠氏の写真展を覗いてきましたが、この間読んだ氏の文庫本「ひとりガサゴソ飲む夜は…」(角川文庫)はおもしろかった!。熱帯の禁酒国や無人島、東南アジア諸国、極寒の地、ヨーロッパのビールなどなど、世界各地のいろいろな酒にまつわる極上エッセイ。よくぞここまで飲むか、という程のありとあらゆる酒と肴(ゲテモノあり)に関して、縦横無尽に書き綴って絶好調!。痛快というか、ただ呆れるばかり~。ある種、側に置いていつでも読み返したい文庫本です。最近はビール党からシングルモルト党に鞍替えした(?)椎名氏です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉の観光スポットの「俳句ポスト」。

2010-03-19 | 鎌倉
鎌倉鶴岡八幡宮の大銀杏を見に行った時に、段葛脇で発見した「俳句ポスト」。鎌倉をハイクしながら俳句を詠み、誰でもその場で投稿できるというもの。鎌倉らしいユニークなシステムです。このポストは長谷の大仏や銭洗い弁天などの観光スポット33箇所に設置され、鎌倉を訪れる俳句マニアに好評だそうです。投句された俳句は1月、4月、7月、10月の各末日に締め切られて入選作を選定、その中から年間大賞も発表されます。文化都市鎌倉は高浜虚子ゆかりの地。四季折々の美しい風情を詠む余裕がほしい今日この頃です。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

馬車道の四つ角に「六道の辻通り」?。

2010-03-18 | 散歩、横浜
関内「ディスクユニオン」でCDを漁っての帰り道、馬車道方面を散歩しているとこんな碑が~。辺りに六差路はないのに「六道の辻通り」とは!。近くには煉瓦造りの「馬車道十番館」、とんかつの老舗「勝庵烈」。「六道」を検索してみると、「生前の善悪の行いによって導かれる冥界で、天上、人間、修羅、鬼畜、餓鬼、地獄のこと」とありました。平成11年の碑ですから、そんなに古いものではありません。これからじっくりと調べてみようと思っています。そういえば、今日は春のお彼岸の入りです。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

世界各地の自然とそこに住む人々。

2010-03-17 | 写真
品川駅港南口のキャノンギャラリーで「椎名誠写真展《五つの旅の物語-プラス1》」を見てきました。世界各地を旅して撮りためた自然や、そこに生きる人々を地域別にまとめた約120点を展示。写真の一枚一枚には椎名氏のキャプション付き。当然ながらキャノンの大判プリンターimagePROGRAF使用です。雑誌編集長時代の椎名氏とは一緒に仕事したことも~。受付の方が「時々、お顔を見せますよ」とのこと。先日のトークイベントも満席だったようです。記念にサイン入り単行本「ごんごんと風にころがる雲をみた。」を購入しましたよ、椎名さん!。写真はロシアの極北狩猟民族イーゴリさん。今月29日(月)まで。無料。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

春らしい色使いの「幸福の画家」。

2010-03-16 | 芸術
東京・六本木の国立新美術館(設計:黒川紀章氏)で開催中の「ルノワール~伝統と革新展」へ。印象派を代表する画家ルノワールの作品が「身体表現」、「花と装飾画」、「ファッションとロココの伝統」のテーマ別に展示されていました。今回は箱根のポーラ美術館の監修で、赤外線を使用した光学調査の結果を映像で解説。ルノワールの技法を解明するなど、新たな視点でその魅力を紹介しています。ふっくらと柔らかな女性像や春らしい色使いの風景画など、「幸福の画家」といわれるルノワールの約80点!。3月13日には20万人目の来場者を迎えたそうです。4月5日まで。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加