横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

3軒の酒場で繰り広げられる”ほろ酔いムービー”。

2017-07-15 | 映画

熱中症対策には涼しい映画館が一番!〜という訳で、伊勢佐木町の「ジャック&ベティ」へ。昨日が上映最終日だというので「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」(長尾直樹監督)を観てきました。毎週月曜日のBS-TBS「酒場放浪記」の酒場詩人・吉田類氏が全編の案内役と、第3話「ふるさと酒場 土佐っ子」で警察に追われる謎めいた投資会社社長として出演います。今宵の1軒目はチャンスに見放された常連が集まる「居酒屋 チャンス」。いつもの冴えないメンバーが飲んでいるところへ、変装した人気絶頂のアイドルが悩みを抱えて逃げ込んできます。常連たちに励まされ、ホッピーでハッピーになるという話。2軒目は平凡なサラリーマンが飛び込んでしまった「どつぼ酒場」。ヤクザの親分や自称”美魔女ホステス”などの強烈なキャラクターが登場!。最後は吉田類氏の故郷と同じ店名の「ふるさと酒場 土佐っ子」。高知の銘酒を味わいつつ、幼い頃の故郷に思いを馳せます。エンドロールでは吉田類氏が唄う河島英五の名曲「時代おくれ」が〜。tvk「深夜食堂」にも似た”ほのぼのほろ酔いムービー”です。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季刊誌「横濱」の特集は”大岡... | TOP | ”清水の舞台”をイメージした... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 映画

Trackback

Trackback  Ping-URL