横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

世界各地の現状を伝える「世界報道写真展」。

2017-06-19 | 写真
山種美術館の日本画展鑑賞後、近くの恵比寿ガーデンプレイス内・東京都写真美術館「世界報道写真展2017〜変えられた運命〜.」へ。今回も世界各地から約5千人のプロカメラマンが参加し、約8万点を超える応募があったそうです。その中から8部門45人の受賞作品を展示。大賞はトルコの首都アンカラで開かれた写真展の開会式で、警官が駐トルコ・ロシア大使を射殺した衝撃的な作品。その他、リオ・オリンピックの決定的瞬間や難民の惨状、放置された漁具に絡まる絶滅危惧種のウミガメの姿など、世界各地の現状を伝えています。写真は黒人に対する残虐行為に反対する抗議デモで、たった1人で武装警官に立ち向かう女性。撮影はロイターの契約カメラマンのジョナサン・バックマンです。土曜日ということもあり、会場内は若い人たちでいっぱいでした。観覧料は一般800円ですが、65歳以上は400円です。8月6日まで。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植物図鑑のような恵比寿・山... | TOP | よりよい睡眠をもたらす”リラ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL