横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

横浜バロック室内合奏団の”イタリアの輝き”.。

2016-10-29 | 音楽

昨夜は横浜バロック室内合奏団事務局長の方とのご縁で「第80回定期演奏会」を聴いてきました。会場はみなとみらいホールです。今回のテーマは”イタリアの輝き”として、イタリアの3人の作曲家の作品ばかり。ヴィヴァルディの「ヴァイオリン協奏曲集作品12」やボッケリーニの「チェロ協奏曲第7番」、そして、”ローマ3部作”で有名なレスピーギの「弦楽合奏のための第3組曲」というプログラム。そして、アンコールはこれも軽やかなボッケリーニのメヌエット。どの曲も親しみやすい晴れやかな響きを堪能した2時間でした。因みに、この横浜バロック室内合奏団は25年の歴史をもち、地域の文化振興に対する活動が評価されて、横浜文化・芸術奨励賞を受賞しています。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”命のビザ”を受給したユダヤ... | TOP | 旧日本領事館は地元の子ども... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 音楽

Trackback

Trackback  Ping-URL