横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

詩人と郵便配達人の友情を描く感動の映画。

2017-02-23 | 映画

20年位前に映画館で観て感動した「イル・ポスティーノ」(1994年/イタリア)をWOWOWシネマで拝見。チリからイタリアに亡命してきた実在の詩人パブロ・ネルーダと、郵便配達人マリオとの交流を描く、ナポリの沖合いに浮かぶ小さな島の物語です。漁師になりたくなかったマリオは詩人専属の郵便配達人となり、世界中から届く詩人宛の手紙を配達する担当に〜。配達を続けるうちにマリオは詩のすばらしさを知り、次第に詩人との友情を育んでいきます。また。マリオは居酒屋で働く娘に一目惚れ。得意の(?)詩を詠んでなんとか結婚にこぎつけますが、尊敬する詩人はチリに帰国することに〜。詩人とのふれあいで故郷を愛する気持ちに目覚めたマリオは、詩人の残した録音機に島の美しい波の音などを録音して、残した物と共に送り返すラストシーン。映画の中でも男の子が誕生する前に亡くなったマリオは、実際にも撮影終了後に41歳の若さで亡くなってしまいました。因みに、詩人パブロを演じるフィリップ・ノワレは名作映画「ニュー・シネマ・パラダイス」(1988年)のあの映画技師アルフレードでした。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アンサンブル スワン」の... | TOP | 壮大なスケールのマーラー「... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 映画

Trackback

Trackback  Ping-URL