横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

関東大震災で崩れ落ちた元町”百段階段”。

2017-05-17 | 横浜
横浜元町に山手の丘へ真っ直ぐに登る”百段階段”(写真上)があって、関東大震災で崩れ落ちてしまった、という話は有名(?)な話。それがどこかわからなかったのですが、万延元年(1860年)に架けられた前田橋を渡った直線上とのことで、この辺りでは(写真下)と見当を付けました。頂上には浅間神社が鎮座していたらしいので、少し先に進んだ代官坂の途中の右の階段を登ることに〜。この階段は残念ながら百段に満たない94段!。と、その先にギリシャ風の円柱が並ぶ”百段公園”が出現しました。ここからはランドマークタワーをはじめ、みなとみらい地区が一望に〜。公園の周辺はしゃれた豪邸が並ぶ高級住宅街となっています。帰りは汐汲坂を下って元町商店街へ。知らない道を発見した不思議なワクワク散歩でした。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 根岸線開通までは山と谷だっ... | TOP | WOWOWで柳家喜多八師匠の1周... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL