横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

季刊誌「横濱」の特集は”大岡川をめぐる物語”。

2017-07-14 | 雑誌
横浜市と神奈川新聞社の協働季刊誌「横濱」(610円)。7月7日発売の最新号の特集は「大岡川をめぐる物語」で、われらが大岡川の魅力を追求した一冊です。この川は氷取沢市民の森を源流として、横浜市の中心部を通り、桜木町辺りの河口までの約14kmを流れる二級河川。特集では桜木町界隈から日の出町〜黄金町〜弘明寺〜上大岡の川周辺を探訪しながら、山間の風景の中の源流までをルポしています。老舗店舗やアートの街の風景、新しくオープンしたイタリアンの店など、楽しさいっぱいの”大岡川街歩き”です。ところで、6月下旬にこの大岡川で中学生2人が、クロダイを釣ったというニュースが流れましたが、大岡川プロムナードの整備と共に、この川の水質もかなりキレイになっているようです。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真家・早田雄二氏の「銀幕... | TOP | 3軒の酒場で繰り広げられる”... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL