横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

微笑する円空の仏像の魅力を”歴史鑑定”。

2017-03-30 | TV番組

27日(月)に放送されたBS-TBSの「にっぽん!歴史鑑定」は「微笑する仏像の謎」として最近、人気急上昇の円空(1632〜1695年)の波乱の生涯と、残された仏像の魅力についてのドキュメンタリー。出身は現在の岐阜県羽島市。その後、津軽から北海道の松前に渡ります。初期の円空は普通の写実的な仏像を彫っていましたが、10年後には荒削りなシンプルな作風に〜。そして、魅力のひとつである穏やかな微笑をたたえた表情〜そこにはやさしかった母の影響があるのではと解説。元来、女性は悟りを開けずに成仏できないと、母を想い悩み苦しんだ円空はある日、大般若経に”女人成仏”という言葉を発見して安堵。やさしさをカタチとして表す”微笑”にいきついたのではと推測していました。また、円空の多作については、”無常迅速”という時間を大切にする気持ちが働いていたのかもしれません。いずれにしても、現在見付かっている円空仏は5,400体とは凄い!。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 100人に1人が存在するという”... | TOP | 三菱1号館美術館の「オルセー... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | TV番組

Trackback

Trackback  Ping-URL