横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

”ひと目10万本”といわれる信州の「あんずの里」。

2017-04-19 | 旅行

先週の桜ツアーの折に立ち寄った長野県千曲市の”ひと目10万本”といわれる日本一の「あんずの里」。山里5km四方に一斉に開花し、信州の春を告げていました。ここのあんずの花は元禄時代に伊予宇和島藩主の娘が松代藩主に輿入れする時に、故郷の春を忘れないように苗木を取り寄せたのが始まりだとか。近くには昔ながらのあんずの里の風景が再現されているスケッチパークがあったそうですが、あんずの味と香りのソフトクリームで我慢。来年のお楽しみということに〜。因みに、ここは映画「博士の愛した数式」(2006年/小泉堯史監督)のロケ地だそうです。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三ツ池公園の桜と横浜公園の... | TOP | 渡部豪太さんが全国の古民家... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL