横濱路地裏研究会

散策はその街の魅力を発見する時間。
一歩踏み出せば、新しいときめきのスタートです。

聖母大聖堂とルーベンスの名作「キリストの降架」。

2016-12-28 | 映画
12月25日のクリスマスに観たBS日テレのアニメ映画「フランダースの犬」(1997年/日本)。恥ずかしながら、この名作のストーリーを初めて知りました。1975年に放送されて大ヒットしたテレビシリーズの劇場版です。ルーベンスに憧れる絵の大好きな少年ネロと、犬のパトリッシュとの深い絆の物語ですが、一緒に暮らすおじいさんの死や濡れ衣を着せられる風車小屋の火事など、少年と愛犬のゆくてにはいろいろな障害が待ち受けています。舞台はベルギーのアントワープ近くのフランダース地方。心に残るラストシーンは、ネロとパトリッシュが天国に旅立つ聖母大聖堂のルーベンスの名画「キリストの降架」(1614年)の前です。それにしても、幼い時にこんな名作アニメを見せられたら、一生忘れることはないでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牧野俊樹氏は記者とカメラマ... | TOP | 横浜線小机駅から徒歩10〜15... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 映画

Trackback

Trackback  Ping-URL