新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

新潟のシギ・ヒメウズラシギ 2012

2014-12-30 15:48:17 | シギ科
 ヒメウズラシギ 学名 Calidris bairdii 英名 Baird's Sandpiper

 ヒメウズラシギは,新潟県では稀な旅鳥です.
 2012年10月4日,シギ・チドリの観察に海辺に行くと,アルバトロスさんがやって来て,「ヒメウズラシギは,見ましたか」と話しかけてきました.アルバトロスさんのお話しによると,「数日前からヒメウズラシギが観察されているが,今日は見ていない.抜けてしまったかも」とのことでした.ヒメウズラシギ,まだ「確実」に観察したことのないシギです.それらしい姿は見ており,写真も撮っていたのですが,写真を見るたびに「もしかしたら違うのでは」という疑念がわくのでした.アルバトロスさんからの情報は,本当にありがたいものでした.
 いるか,いないか分からないものを探し出すことは非常に困難です.しかし,いるかもしれないものを探すことは,根気あるのみです.見えているシギを1羽,1羽と双眼鏡で確認してゆきます.どれくらいの時間が経過したか,もう記憶にありませんが,水際にトウネンよりも少し大きいシギを見つけ出すことができました.「ヒメウズラシギ」の幼鳥です.その夜,祝杯を挙げたのはもちろんのことでした.

 ヒメウズラシギ 幼鳥.胴長に見える水平に近い姿勢,たたんだ翼が長く,尾よりも突出しているのが特徴です.
撮影日時 2012.10.04 撮影場所 新潟県新潟市


 ヒメウズラシギ 幼鳥.少し嘴を開けました.
撮影日時 2012.10.04 撮影場所 新潟県新潟市


 ヒメウズラシギ 幼鳥.前から見ると横に平べったく見えます.
撮影日時 2012.10.04 撮影場所 新潟県新潟市


 ヒメウズラシギ 幼鳥.足指が見えます.足の色は黒です.
撮影日時 2012.10.04 撮影場所 新潟県新潟市


 ヒメウズラシギ 幼鳥.採餌姿勢.
撮影日時 2012.10.04 撮影場所 新潟県新潟市

 

 ヒメウズラシギ 幼鳥.翼を上げた姿勢.
撮影日時 2012.10.04 撮影場所 新潟県新潟市

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハイイロチュウヒ | トップ | アオジ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シギ科」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。