新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

オオタカの子育て 2017-7 巣の上の3羽のヒナ

2017-07-15 05:41:37 | オオタカの子育て
オオタカ 学名・Accipiter gentilis 英名・Northern Goshawk

 6月中旬,オオタカの雌が巣から離れた枝にとまっていました.

 いつもより緊張感が漂っています.周囲を見回し,カラスの鳴き声に素早く反応します.

 「ケッ ケッ ケッ」.雄の鳴き声が聞こえてきます.餌を運んできたのでしょうか.

 雌が,雄の呼びかけに応えて飛び立ちます.

 素早く,そして注意深く,息を凝らして巣に近寄ります.

 巣の上には,まだ綿羽の残る3羽のヒナ.順調に育っています.

 3月から観察を始め,ようやく一安心です.

 後は,巣立ちを待つだけです.

オオタカ 雌・成鳥
撮影日時 2017.06 中旬 撮影場所 新潟県


オオタカ 雌・成鳥
撮影日時 2017.06 中旬 撮影場所 新潟県


オオタカ 雌・成鳥
撮影日時 2017.06 中旬 撮影場所 新潟県


オオタカ ヒナ
撮影日時 2017.06 中旬 撮影場所 新潟県


オオタカ ヒナ
撮影日時 2017.06 中旬 撮影場所 新潟県
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオタカの子育て 2017-6 ... | トップ | オオタカの子育て 2017-8 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すけつね)
2017-07-15 17:15:46
昭和56年から数年間、那須野が原でオオタカを密猟から守る活動をしておりました。
あの頃、仲間の努力で政府に働きかけ、保護鳥になりました。
しかし、今、保護を解除する動きがありますので残念です。
すけつね さんへ (sakaturagan)
2017-07-15 18:00:34
 こんにちは.
 那須野が原でオオタカの保護活動に携わっておられたのですか.
 オオタカは,人を信頼して,人里に近づきすぎたのかもしれませんね.
 信頼して,裏切られる.残念なことです.
 でも,僕は,オオタカの逞しさを信じたいと思います.
 そして,僕への信頼にどのように応えるべきか考えていきたいと思っています.
 
 
 
 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。