新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

野鳥の好きな木の実 アカマツ・クロマツ

2018-02-10 06:35:44 | 野鳥の好きな木の実

 アカマツとクロマツは,日本に広く分布,または植林される常緑の針葉樹です.

 海岸にはクロマツ,山地にはアカマツが多いそうです.

 枝先に鱗片が重なり合った卵形の球果(マツボックリ,マツカサ)をつけ,その鱗片の奥に羽状の翼をもつ種子があります.

 球果の成熟には2年かかります.

 10月頃,マツボックリの鱗片が開き,種子が見えるようになります.

 鱗片は,雨に濡れると閉じ,晴れて乾燥すると開きます.

 この種子は,イスカをはじめ,マヒワ,カワラヒワ,スズメなどの好物です.

スズメ
撮影日時 2018.01.02 撮影場所 新潟県新潟市 


スズメ
撮影日時 2018.01.02 撮影場所 新潟県新潟市


 以下の画像3枚を追加しました.(2018.02.10)

スズメ
撮影日時 2014.02.06 撮影場所 新潟県新潟市


スズメ
撮影日時 2014.02.06 撮影場所 新潟県新潟市


スズメ
撮影日時 2014.02.06 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加