新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

ベニマシコ 雄

2017-11-15 04:52:33 | アトリ科
ベニマシコ 学名・Uragus sibiricus 英名・Long-tailed Rosefinch

 「フィッ・ホ フィッ・ホ」

 柔らかなベニマシコの鳴き声です.

 ヨシ原の中から聞こえてきます.

 ここに出るだろうと目星を付け,しばしの待機です.

 一瞬,姿を見せたのは綺麗な雄でした.

ベニマシコ 雄
撮影日時 2017.11.07 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


ベニマシコ 雄
撮影日時 2017.11.07 撮影場所 新潟県新潟市・佐


ベニマシコ 雄
撮影日時 2017.11.07 撮影場所 新潟県新潟市・佐
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟の野鳥 ベニヒワ

2017-08-14 05:45:00 | アトリ科
ベニヒワ 学名・Carduelis flammea 英名・Common Redpoll

 過去に観察・撮影した野鳥を紹介する「新潟の野鳥」シリーズです.

 ベニヒワは,新潟では冬鳥です.マヒワよりも渡来する数が少なく,観察できる年とできない年があります.

 スズメよりも小さく,額の紅色が特徴です.「ジュッ・ジュッ」や「チュイーン」などと鳴きます.

 ハンノキやオオマツヨイグサの種子が大好きです.

 このベニヒワは,アカザの種子を食べるマヒワの群れに1羽だけ混じっていました.

 マヒワたちが飛び去った後も1羽残り,モデルになってくれた可愛いベニヒワでした.

ベニヒワ
撮影日時 2011.01.26 撮影場所 新潟県新潟市


ベニヒワ
撮影日時 2011.01.26 撮影場所 新潟県新潟市


ベニヒワ
撮影日時 2011.01.26 撮影場所 新潟県新潟市


ベニヒワ
撮影日時 2011.01.26 撮影場所 新潟県新潟市


ベニヒワ
撮影日時 2011.01.26 撮影場所 新潟県新潟市


ベニヒワ
撮影日時 2011.01.26 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟の野鳥 マヒワ

2017-08-13 05:19:44 | アトリ科
マヒワ 学名・Carduelis spinus 英名・Eurasian Siskin

 過去に観察・撮影した野鳥を紹介する「新潟の野鳥」シリーズです.

 マヒワは,新潟では冬鳥です.年によって渡来数に変化が大きいようです.

 飛びながら「チュイーン チュイーン」「ジュイーン ジュイーン」などと鳴きます.

 マツやハンノキ,オオマツヨイグサやタンポポなど木・草の種子が好きで,群れで移動しながら食べます.

 今日のマヒワは,アカザの種子に群れていました.

マヒワ 雄
撮影日時 2011.01.26 撮影場所 新潟県新潟市


マヒワ 雌
撮影日時 2011.01.26 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シメ 

2017-04-23 05:08:07 | アトリ科
シメ 学名・Coccothraustes coccothraustes 英名・Hawfinch

 林のあちこちから,「チッ・チッ」という鋭い鳴き声が聞こえます.シメです.

 人の足音に驚いて,木の枝にとまります.ずんぐりとした体型は,シルエットでもシメだとわかります.

 人が遠のくと,地上に降りて餌をあさりはじめます.「パチッ・パチッ」と,種子の堅い殻を割る音が聞こえてきます.

 北に帰るシメたちは,お腹がすいているのです.

シメ 雌
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 2017.04.17 撮影場所 新潟県新潟市


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シメ 雌

2017-04-18 05:12:24 | アトリ科
シメ 学名・Coccothraustes coccothraustes 英名・Hawfinch

 満開のサクラの木の下で,一心に餌をついばむシメ.

 北に向かうシメには,サクラの花も目に入りません.まさに,「花より団子」です.僕も花が目に入りません.「花より鴲」です.

 このシメ,目先が雄のように黒くありません.雌は,この部分が灰色がかっています.三頭身の可愛い娘です.

シメ 雌
撮影日時 2017.04.11 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.11 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.11 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.11 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.11 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.11 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雌
撮影日時 2017.04.11 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワラヒワ 雌

2017-04-15 16:01:58 | アトリ科
カワラヒワ 学名・Chloris sinica 英名・Oriental Greenfinch

 カワラヒワは,新潟では留鳥です.いつでも,何処でも観察できる野鳥です.

 それなのに,カワラヒワの雌は,当ブログ初登場です.

 珍しい野鳥だけを狙っているわけではないのですが,もう少しよく撮影できたら,と後回しになってしまいました.

 今回は,写真のできには目をつぶっての投稿です.と言っても,いつものことなのですが.

カワラヒワ 雌
撮影日時 2017.04.02 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雌
撮影日時 2017.04.02 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雌
撮影日時 2017.04.02 撮影場所 新潟県新潟市


カワラヒワ 雌
撮影日時 2017.04.02 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ベニマシコ

2017-03-18 04:54:07 | アトリ科
ベニマシコ 学名・Uragus sibiricus 英名・Long-tailed Rosefinch

 柔らかな口笛を吹きながらベニマシコがやってきました.「フィッ フィッ」「フィッ ホ」.

 姿は見えなくても,いることがわかります.

 赤い小鳥は,人気者です.

ベニマシコ 雄
撮影日時 2017.03.13 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


ベニマシコ 雌
撮影日時 2017.03.13 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベニマシコ 雄・第1回冬羽

2017-02-05 05:18:35 | アトリ科
ベニマシコ 学名・Uragus sibiricus 英名・Long-tailed Rosefinch

 ベニマシコ.1月の後半に入り,観察する機会が増えています.

 海岸松林に隣接する草地から,数羽のベニマシコが飛び出してきました.その中の1羽です.

 ほんのりと紅を差しています.雄の第1回冬羽のようです.

 背面も撮りたかったのですが,その余裕を与えてくれないまま移動していってしまいました.

ベニマシコ 雄・第1回冬羽
撮影日時 2017.01.31 撮影場所 新潟県新潟市


ベニマシコ 雄・第1回冬羽
撮影日時 2017.01.31 撮影場所 新潟県新潟市


ベニマシコ 雄・第1回冬羽
撮影日時 2017.01.31 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シメ 太い嘴

2017-02-02 05:49:06 | アトリ科
シメ 学名・Coccothraustes coccothraustes 英名・Hawfinch

 シメ,太い嘴です.頭も大きいです.

 太い嘴で,エノキなど堅い木の実の核を割って中の種子を食べます.

 嘴には,割れた核がくっついています.

シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市


シメ 雄
撮影日時 1017.01.28 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウソ

2017-01-22 06:13:40 | アトリ科
ウソ 学名・Pyrrhula pyrrhula 英名・Eurasian Bullfinch

 海岸松林の小道を歩いていくと,足下から小鳥が飛び出しました.しばらくぶりのウソでした.

 小枝にとまり,「フィッ・フィッ」と数回鳴いた後,飛び去っていきました.

 風もない,静かな日でした.

ウソ
撮影日時 2017.01.20 撮影場所 新潟県新潟市


ウソ
撮影日時 2017.01.20 撮影場所 新潟県新潟市
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加