新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

ノスリ カラスに絡まれる-2

2017-11-20 05:01:53 | タカ科
ノスリ 学名・Buteo buteo 英名・Common Buzzard

 田圃でノスリの鳴き声が響き渡ります.

 「ピィーエー ピィーエー」

 カラスに追われたノスリが近づいてきます.

 必死です.

ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノスリ カラスに絡まれる-1

2017-11-19 04:47:23 | タカ科
ノスリ 学名・Buteo buteo 英名・Common Buzzard

 この日,田圃では6羽のノスリと出会いました.

 その内の2羽は,カラスに絡まれていました.

 カラスは,逃げるノスリを追いかけます.

 カラスにしたら単なる暇つぶしかもしれませんが,ノスリにとっては迷惑な話です.

 おちおち,狩りもできません. 

ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノスリ 田圃の猛禽

2017-11-18 05:55:35 | タカ科
ノスリ 学名・Buteo buteo 英名・Common Buzzard

 冬が近づくに従い,田圃ではノスリの姿が目につくようになりました.

 あちこちから「ピィーエー ピィーエー」と鳴き声が聞こえてきます.

 それぞれよく似ていますが,3個体なんですよ.

 2番目は,右の初列風切に欠損があります.

ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市


ノスリ
撮影日時 2017.11.10.撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チュウヒ 飛翔・シルエット

2017-11-16 05:32:26 | タカ科
チュウヒ 学名・Circus spilonotus 英名・Eastern Marsh Harrier

 以前,ハチクマの飛翔・シルエットを投稿したことがあります.

 今回は,チュウヒの飛翔・シルエットです.

 猛禽類は,突然に出現することが間々あります.

 遙かに遠く,影しか見えないことも多いのです.

 そのような時のために,飛翔スタイルを知っていると役立ちます.

 順光で撮影した写真は,全体ではなく,細部に目がいきがちです.

 シルエットは,飛んでいる時の全体,雰囲気を知るのに有効な素材です.

 などとご託を並べ,ゴミ箱いきの画像を投稿する僕なのです. 

チュウヒ
撮影日時 2017.11.07 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


チュウヒ
撮影日時 2017.11.07 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


チュウヒ
撮影日時 2017.11.07 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


チュウヒ
撮影日時 2017.11.07 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟


チュウヒ
撮影日時 2017.11.07 撮影場所 新潟県新潟市・佐潟
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハイタカ

2017-11-11 05:03:58 | タカ科
ハイタカ 学名・Accipiter nisus 英名・Eurasian Sparrowhawk

 山麓に広がる「おけさ柿」の果樹園.

 カラスどもの鳴き騒ぐ声が聞こえます.

 灰色の雲をバックに姿を現したのは,ハイタカでした.

 カラスザンショウの実に群がっていたメジロもヒヨドリもピタリと鳴き止みました.

ハイタカ
撮影日時 2017.11.01 撮影場所 新潟県新潟市


ハイタカ
撮影日時 2017.11.01 撮影場所 新潟県新潟市


ハイタカ
撮影日時 2017.11.01 撮影場所 新潟県新潟市


ハイタカ
撮影日時 2017.11.01 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クマタカ 飛翔

2017-09-19 04:42:25 | タカ科
クマタカ 学名・Nisaetus nipalensis 英名・Mountain Hawk Eagle

 タカの渡りを待つ僕の目の前を,1羽のクマタカが悠然と飛び過ぎました.

クマタカ 成鳥
撮影日時 2017.09.16 撮影場所 新潟県


クマタカ 成鳥
撮影日時 2017.09.16 撮影場所 新潟県
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トビ 海辺で休息

2017-09-09 05:47:43 | タカ科
トビ 学名・Milvus migrans 英名・Black Kite

 海辺の流木で,トビがマッタリと休息していました.

 空をユックリと旋回している姿を見ると,なんだか長閑な気分になります.

 しかし,そのトビも俊敏な動きを見せるときがあります.

 随分と以前のことになるのですが,海上のあちこちでブリの稚魚・フクラギが飛び跳ねていました.

 フクラギが空中に躍り上がった瞬間,トビの足の鋭い爪に掴まれていたのです.

 海を眺めているトビは,いつもその一瞬を思い描いていることでしょう.

トビ
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


トビ
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市


トビ
撮影日時 2017.08.31 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟の野鳥 ケアシノスリ

2017-07-31 04:56:47 | タカ科
ケアシノスリ 学名・Buteo lagopus 英名・Rough-legged Buzzard 

 過去に観察・撮影した野鳥を紹介する「新潟の野鳥」シリーズです.ケアシノスリは,当ブログ初登場です.

 ケアシノスリは,新潟では数の少ない冬鳥です.大きな河川,池沼や水田などで観察されます.

 これまで,新潟市の福島潟,長岡市の信濃川や新潟市の水田などで数回観察する機会に恵まれましたが,全て幼鳥でした.

 ケアシノスリの成鳥は,あこがれの猛禽なのです.

ケアシノスリ 幼鳥
撮影日時 2012.12.21 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ケアシノスリ 幼鳥
撮影日時 2012.12.21 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ケアシノスリ 幼鳥
撮影日時 2012.12.21 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟


ケアシノスリ 幼鳥
撮影日時 2012.12.21 撮影場所 新潟県新潟市・福島潟
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟の野鳥 オオワシ

2017-07-30 05:30:43 | タカ科
オオワシ 学名・Haliaeetus pelagicus 英名・Steller's Sea Eagle

 過去に観察・撮影した野鳥を紹介する「新潟の野鳥」シリーズです.オオワシは,当ブログ初登場です.

 オオワシは,新潟では希少な冬鳥です.

 遠く,高圧線の鉄塔で休息するオオワシ.

 翼を上げ,頭を前に突き出す.

 飛び立った.

 向かってくる.

 連写.

 目が合う.頭上を飛び去る.

 軽い倦怠感.強張る人差し指.

 その後に,大きな後悔が襲いかかるとは思ってもいなかった.

 液晶に映し出されたのは,二つ目,三つ目,涙目のオオワシの顔,顔.

 露出設定の失敗.

 その夜,泣きながら消去.

 そして,どうしても捨てきれなかった数枚の画像.

 永久に,お蔵入りさせるはずだったのですが,今回,自戒の念を込め,恥を忍んで投稿することにしました.

 初心,忘るべからず. 

オオワシ 成鳥
撮影日時 2013.01.31 撮影場所 新潟県


オオワシ 成鳥
撮影日時 2013.01.31 撮影場所 新潟県
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハチクマ 里山に飛ぶ

2017-07-18 05:45:02 | タカ科
ハチクマ 学名・Pernis ptilorhynchus 英名・Honey Buzzard

 里山をゆったりと飛ぶハチクマ.

 ハチクマは,ハチの幼虫を好んで食すユニークな生態とともに,多彩な羽色をもつ興味深いタカです.

 山地に生息する印象が強かったのですが,最近,平地で飛ぶ姿も見かけるようになりました.

 山地での生活が苦しくなってきたのでしょうか.杞憂であればよいのですが.

ハチクマ 雄・成鳥
撮影日時 2017.07.06 撮影場所 新潟県燕市


ハチクマ 雄・成鳥
撮影日時 2017.07.06 撮影場所 新潟県燕市


ハチクマ 雄・成鳥
撮影日時 2017.07.06 撮影場所 新潟県燕市


ハチクマ 雄・成鳥
撮影日時 2017.07.06 撮影場所 新潟県燕市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加