新潟の野鳥・フィールドノート

新潟で観察した野鳥を写真で紹介します.野鳥の日常生活に光を当てられたらいいなーと思っています.

粟島探鳥行2017春 ヨーロッパビンズイ その2

2017-06-03 06:18:54 | セキレイ科
ヨーロッパビンズイ 学名・Anthus trivialis 英名・Tree Pipit

 今春,粟島で観察されたヨーロッパビンズイのその2です.

 2017年春の粟島探鳥行で,セキレイ科タヒバリ属とみられる小鳥を観察しました.検討した結果,ヨーロッパビンズイに間違いないだろうとの結論に至りました.

 日本で記録されているタヒバリ属は、大型のマミジロタヒバリとコマミジロタヒバリ,小型のマキバタヒバリ,ヨーロッパビンズイ,ビンズイ,セジロタヒバリ,ウスベニタヒバリ,ムネアカタヒバリ,タヒバリです.

 これまでの粟島探鳥行では,マミジロタヒバリ,ビンズイ,ムネアカタヒバリを観察,記録していますが,今回観察されたタヒバリ属の小鳥は,そのどれにも該当しない特徴を持っていました.

 この個体の後ろ足指の爪を見てください.爪は,短く,大きく湾曲しています.この爪の形は,ヨーロッパビンズイとビンズイだけに見られる特徴で,これによって他のタヒバリ属の可能性が除外されます.他のタヒバリ属の爪は,長く,または長めで湾曲が少ないのです.

 次に,顔の部分に注目してみましょう.ビンズイは,耳羽後部に明瞭な淡色班と暗色班がみられますが,この個体には,不明瞭な淡色班しかありません.ヨーロッパビンズイの耳羽後部には,ビンズイのような明瞭な暗色班はありません.
 ビンズイには,幅が広く上部に黒い縁取りのある白色の眉班がありますが,ヨーロッパビンズイは,眉班が不明瞭です.この個体は,ビンズイのような明瞭な眉班が見られません.

 さらに,翼の部分を見てみましょう.この個体は,初列風切の長さと三列風切の長さがほぼ同じです.ヨーロッパビンズイには,初列風切の突出が見られませんが,ビンズイは,初列風切が突出します.
 初列風切の突出とは,翼をたたんだときの初列風切と三列風切の長さの比較で,初列風切が三列風切よりも明らかに長く突き出て見えることをいいます.シギ・チドリ類,ヒバリ類,ムシクイ類,タヒバリ類など互いによく似た鳥たちの識別によく利用されます.同じように,初列風切の各羽の長さの比較,翼式も識別に利用されますが,野外では見分けることが難しそうです.今回は,翼式を利用できるほど鮮明な画像を得ることができなかったため,参考としたものの詳細な検討には用いませんでした.

 上面を見てください.この個体には,明瞭な褐色の縦班があります.ヨーロッパビンズイは,背が淡褐色で,褐色の縦班がありあります.ビンズイは,背が緑褐色で褐色の縦班がありますが,この個体ほど明瞭ではありません.

 次に,下面にも注目しましょう.ヨーロッパビンズイとビンズイは,ともに黒褐色の縦班を持っています.しかし,ヨーロッパビンズイの縦班は,ビンズイよりも細く,脇ではさらに細く不明瞭になります.ビンズイの縦班は,太く,脇でも明瞭です.この個体の縦班は,ヨーロッパビンズイの特徴と合致しています.

ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島 


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.10 撮影場所 新潟県・粟島


 浅学を顧みず,色々と書き連ねました.ご指摘等ございましたら,コメントいただけるとありがたいです.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粟島探鳥行2017春 ヨーロッパビンズイ その1

2017-05-19 05:20:48 | セキレイ科
ヨーロッパビンズイ 学名・Anthus trivialis 英名・Tree Pipit

 粟島探鳥行2017春の最後に紹介するのは,地味な野鳥のヨーロッパビンズイです.

 このヨーロッパビンズイとの出合いで,忘れていた幸運の女神の微笑みを感じたのでした.

 ヨーロッパビンズイは,新潟県では迷鳥で,今回が2回目の記録になるかもしれません.僕自身,初めての観察でした.

 いつか,いつかは会えると夢見ていたのですが,ついにその日がやってきたのでした.

 そして.そのヨーロッパビンズイは,思わず頬をつねるほど友好的だったのです.

ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


ヨーロッパビンズイ
撮影日時 2017.05.09 撮影場所 新潟県・粟島


 時間的な余裕がなく,今回は,画像だけの紹介です.「ヨーロッパビンズイ その2」で,識別点などを書いてみたいと思います.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粟島探鳥行2017春 タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)

2017-05-14 04:28:34 | セキレイ科
タイワンハクセキレイ 学名・Motacilla alba ocularis 英名・Eye-striped or Swinhoe's White Wagtail

 粟島探鳥行2017春の第二弾は,タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)です.

 タイワンハクセキレイは,昨年春の粟島探鳥行ではじめて観察・撮影できました.その時は,「少し変わったハクセキレイ」という感じで撮影し,家に帰ってからタイワンハクセキレイと判った次第です.

 今回は,探し求めて発見できたことから,その歓びは一入でした.

 ハクセキレイ(Motacilla alba)は,多くの亜種に分類され,日本では次の7亜種が記録されているということです.

 ニシシベリアハクセキレイ Motacilla alba dukhunensis 

 シベリアハクセキレイ   Motacilla alba baicalensis 

 ホオジロハクセキレイ   Motacilla alba leucopsis
  中国,朝鮮半島,台湾に繁殖する亜種です.日本でも本州,九州で繁殖が記録されています.過眼線を欠き,顔から喉が白いのが最大の特徴で,胸
  と頭頂から上背は黒色をしています.
  粟島では,2016.04に観察・撮影できました.

 メンガタハクセキレイ   Motacilla alba parsonata

 ネパールハクセキレイ   Motacilla alba alboides

 タイワンハクセキレイ   Motacilla alba ocularis 
  東シベリアで繁殖する亜種です.上面が灰色で黒っぽい過眼線があります.過眼線は日本で繁殖する亜種・ハクセキレイよりも細く見えます.一番
  の特徴は下嘴の下(腮)から胸,頭頂から後頚が黒いところです.背は,灰色です.
  粟島では,2016.04,2017.05に観察・撮影できました.

 ハクセキレイ       Motacilla alba lugens
  日本で繁殖しています.粟島でも普通に観察されます.

タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2017.05.08 撮影場所 新潟県・粟島


タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2017.05.08 撮影場所 新潟県・粟島


タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2017.05.08 撮影場所 新潟県・粟島


タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2017.05.08 撮影場所 新潟県・粟島


タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2017.05.08 撮影場所 新潟県・粟島


タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2017.05.08 撮影場所 新潟県・粟島


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビンズイ

2017-05-11 05:49:21 | セキレイ科
ビンズイ 学名・Anthus hodgsoni 英名・Olive-backed Pipit

 鳥の地上での移動方法には,二足歩行(walking)と二足跳び(hopping)があります.ビンズイやハクセキレイなどセキレイ科の鳥は,足を交互に使って歩きます.

 よく地上で生活する鳥は,二足歩行を,普段樹上で生活する小鳥が,地上に降りたときに二足跳びをすることが多いようです.

 ビンズイは,二足歩行をする鳥で,横に張り出した木の枝の上を歩くこともできます.カラスの仲間などは,二足歩行と二足跳びの両方することができます.

ビンズイ
撮影日時 2017.05.04 撮影場所 新潟県新潟市


ビンズイ
撮影日時 2017.05.04 撮影場所 新潟県新潟市


ビンズイ
撮影日時 2017.05.04 撮影場所 新潟県新潟市


ビンズイ
撮影日時 2017.05.04 撮影場所 新潟県新潟市


ビンズイ
撮影日時 2017.05.04 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬のハクセキレイ

2017-01-28 05:24:04 | セキレイ科
ハクセキレイ 学名・Motacilla alba 英名・White Wagtail

 河口の船着き場にハクセキレイが飛んできました.流れる川面を背景に数枚シャッターを切りました.

 ハクセキレイは,いつでもどこでも見られる身近な野鳥です.しかし,このブログには,ほんの数回しか登場していません.

 普通に見られる野鳥を軽んじているわけではありません.投稿したいと思う写真が撮れないのです.

 身近に接している野鳥だからこそ,もっと綺麗に,さらに可愛い姿をご紹介したいのですが,今回もその願いは果たせませんでした. 

ハクセキレイ 雄
撮影日時 2017.01.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハクセキレイ 雄
撮影日時 2017.01.27 撮影場所 新潟県新潟市


ハクセキレイ 雄
撮影日時 2017.01.27 撮影場所 新潟県新潟市
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粟島・秋の探鳥行(2016) ビンズイ

2016-10-21 05:57:15 | セキレイ科
ビンズイ 学名・Anthus hodgsoni 英名・Olive-backed Pipit

 粟島・秋の探鳥行(2016)で観察した野鳥を紹介しています.今回は,セキレイ科のビンズイです.

 内浦の畑を歩いていると,「ツィー」と強い調子で鳴きながら飛び立つ小鳥がいました.ビンズイです.

 畑の中の数少ない木の枝にとまっているビンズイの姿を発見しました.尾を上下に振っています.畑の作物に注意しながら静かに近寄りました.

 今回の粟島では,海上を渡り,粟島に飛来したビンズイのいくつかの群れを観察することができました.群れは,「ツィー,ツィー」と鳴き交わしながら林縁の草地に下り,その後,林の中へと消えていきました.

ビンズイ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ビンズイ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ビンズイ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ビンズイ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ビンズイ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ビンズイ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粟島・秋の探鳥行(2016) ムネアカタヒバリ

2016-10-20 06:21:59 | セキレイ科
ムネアカタヒバリ 学名・Anthus cervinus 英名・Red-throated Pipit

 粟島・秋の探鳥行で観察した野鳥を紹介します.今日は,ムネアカタヒバリです.

 畑では,小豆の収穫が進んでいました.その畑から「チィー」と鳴きながら数羽の小鳥が飛び立ちます.ムネアカタヒバリです.しかし,なかなか姿を見つけだすことができません.ようやく背の低い草地で,餌をあさる1羽のムネアカタヒバリを探し出すことができました.

ムネアカタヒバリ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ムネアカタヒバリ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ムネアカタヒバリ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ムネアカタヒバリ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島


ムネアカタヒバリ
撮影日時 2016.10.14 撮影場所 新潟県・粟島
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セグロセキレイ

2016-10-17 06:14:02 | セキレイ科
セグロセキレイ 学名・Motacilla grandis 英名・Japanese Wagtail

 青い水面をバックにしたセグロセキレイは,白と黒の衣装が映えます.

 心地よい日和のせいでしょうか,さえずりはじめました.

 セグロセキレイのさえずりは,複雑で,僕の耳では聞き取り,書き残すことができません.川村多実二著「鳥の歌の科学」(昭和22年・臼井書房刊)から引用しておきます.この「鳥の歌の科学」は,今ではほとんど手に取り,目にすることのできない名著です.このブログでたびたび引用するのは,戦後間もない頃に,このような書籍が出版されたことを知ってほしいという思いもあるからです.

 甲「チッ チーチャン ツーカ ツーツーツッ」.乙「ツン フィーツッ チカ チカ チカッ」.丙「ツン ツー ツー チョン」

 鳥のさえずりは,色々な聞こえ方,表現のしかたがあるようです.それに,地方,地域の方言もあるそうで,なかなか難しいものです.

セグロセキレイ
撮影日時 2016.10.09 撮影場所・新潟県新潟市・佐潟


セグロセキレイ
撮影日時 2016.10.09 撮影場所・新潟県新潟市・佐潟
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粟島 2016春 ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)

2016-04-30 05:22:54 | セキレイ科
ホオジロハクセキレイ 学名・Motacilla alba leucopsis 英名・White-faced Pied Wagtail 

 離島する4月26日,内浦の海岸でホオジロハクセキレイを観察することができました.乗船開始1時間ほど前のことでした.発見者の女性バンダーさんが車で迎えに来て,現地まで案内してくれたのです.大変ありがとうございました.暗闇に光が差し込んだ心地でした.

 ホオジロハクセキレイは,ハクセキレイの中で主に中国,朝鮮半島,台湾に繁殖する亜種です.日本でも本州,九州で繁殖が記録されています.過眼線を欠き,顔から喉が白いのが最大の特徴で,胸と頭頂から上背は黒色をしています.

ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


ホオジロハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.26 撮影場所 新潟県・粟島


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

粟島 2016春 タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)

2016-04-29 05:04:45 | セキレイ科
タイワンハクセキレイ 学名・Motacilla alba ocularis 英名・Eye-striped or Swinhoe's White Wagtail

 粟島・内浦の畑でタイワンハクセキレイを発見しました.発見したと書くとカッコいいのですが,「少し変わったハクセキレイ」という感じで撮影したものです.お恥ずかしい話ですが,家に帰りパソコン画面で確認してタイワンハクセキレイと判った次第です.

 タイワンハクセキレイは,種・ハクセキレイの中で,東シベリアで繁殖する亜種です.上面が灰色で黒っぽい過眼線があります.過眼線は日本で繁殖する亜種・ハクセキレイよりも細く感じました.一番の特徴は下嘴の下(腮)から胸,頭頂から後頚が黒いところです.

 ハクセキレイ(Motacilla alba)は,多くの亜種に分類され,日本では7亜種が記録されているということです.「なんだハクセキレイか」と見過ごしてはならないと痛感させられました.

タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.25 撮影場所 新潟県・粟島


タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.25 撮影場所 新潟県・粟島


タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.25 撮影場所 新潟県・粟島


タイワンハクセキレイ(ハクセキレイの亜種)
撮影日時 2016.04.25 撮影場所 新潟県・粟島
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加