しまうま げいぢつ的ブログへようこそ

ようこそ。ここは猫とハムスターと日々の徒然を綴っている、しまうまの愚痴りブログです。

歩いて5分の、田舎のコンビニ。

2016-10-08 13:05:26 | 日記

時々ブログに登場しますが、しまうま宅の近所には歩いて5分の

ところにコンビニがあります。

セブンとかの超メジャーじゃないんですけど、まぁ、日々使いに

は十分なんで、ご近所でも重宝がられています。今は肉まん20

円引きです。10日までです。

 

さて、しまうまは毎日なんとなく軽い鬱状態が続く病気なので、

麓のスーパーまで行くのがチョーめんどくさいです。なので、

3日に1回はコンビニ行ってます。

いつの間にやら常連さんです。

で、今日はそこの、おそらくオーナーのお母さんと思われる女性

のお話。

 

多分、お母さんだと思うので、ここではお母さんと呼びます。

お母さんは5年前、しまうまが引っ越してきた時から、普通に

働いていました。年の頃は・・・60歳代半ばくらいですかね。

もうね、客にタメ口ガンガンですよ。

最初びっくりしましたね(汗)。

流石に慣れましたけどね。でも、今でも、これだけはムッと

します。

 

「箸、いる?」

 

黙ってつけなさいいいい(怒)と思います。

 

そんなお母さん、こないだ面白かったんです。

ちょうどお昼どきに買い物に行ったんですね。するとですね、

当然すごいお客さんなんですよ、お弁当買いにね。

しまうまも久々に圧倒されるくらい、お客さん多くて。

時間帯間違えたわ、と後悔。でもしょうがないので、歯ブラシ

とか選んで列が引くのを待ってました。

レジの前には長い列ができていて、みんな手にお弁当を持ってい

ます、お昼ですから。レジに入っていたお母さんもフル回転です。

すると突然、お母さんの叫び声が店内に響きました。

「弁当温めのボタンどれ?! どれが温めボタン?!」

・・・・いや、さっきまでボタン押してお弁当温めてたじゃない。

しまうまびっくり。

直ぐに隣のレジの女の子がこれです、とピッ!とボタンを押して

行きました。

密かに笑うしまうま。女の子冷静すぎ。

お母さん、忙しすぎてテンパったんですね(笑)。

で、たぶん、いつものことなんですよ。

お釣り間違えそうで怖いですね・・・旧式のレジなんで。

 

また違う日は。

 

そこのコンビニはお店で炊いたごはんをお弁当に入れてくれるの

ですが、並盛(無料)、大盛(有料)、特盛(有料)の区別が

あります。

しまうま、久しぶりにチキン南蛮弁当なんか買ってみたりして、

「ご飯は並盛りで、」

と言ったんです。言ったんですよ、ちゃんと。

そしたらお母さん、ご飯をよそいながらこっちを振り向き、

「ご飯、このくらい?」

としまうまに聞くじゃないですか。ほら、って感じでお弁当見せ

てくれるんですよね。慌てるしまうま。

「い、いや、普通に並盛りでいいです!」

ほかのお客さんが聞いたら、なにかを誤解するでしょう?!

このくらいって、この客には加減するのか、みたいな(汗)。

 

怖いでしょ、フレンドリーにも程があります。

でもね、近所の人がよく利用するので、お店は普通に繁盛して

いるみたいです。何よりです。

しまうまは、と言えば、いつの間にか、お母さんのレジを避ける

ようになりました。

・・・・・やっぱりよくお釣り間違うんですもの(汗)。

 

という訳で、のんびりしたコンビニのお話でした。

しかし、肉まん、年々小さくなって行っているような気がするのは

しまうまだけですかね。

 

という訳で、また明日です。ふふふ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪い主治医、悪いしまうま。 | トップ | 塩気が足りない。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事