しまうま げいぢつ的ブログへようこそ

ようこそ。ここは猫とハムスターと日々の徒然を綴っている、しまうまの愚痴りブログです。

松田聖子さん。

2016-09-19 16:12:45 | 日記

前の職場で、40歳過ぎでまだ未婚の女性がいたんですが、

なかなか、こう、美人というよりはかわいい系?でしたが

ゴテゴテにメイクアップして、髪なんかクルクル縦巻きにして、

女ばかりの職場に毎日出勤してました。お疲れ様です。

ただ、性格は恐ろしく黒かったですが(笑)、まぁ、見た目で

カバーしてたんですね、若い頃はね。

かなりモテたそうです。

で、本人曰く。

「若い時選り好みしすぎたのよね・・・・」

というのが独身の理由らしく・・・多分今、50歳くらいだと

思いますけど、どうしたでしょうね。もう、声をかけてくれる

男性はいなくなった、と言ってましたが、お見合いはプライドが

許さんかったそうで(笑)、したことないと言ってました。

 

そんな彼女がバイブルとして崇めていたのが、松田聖子さんです。

最近殊に綺麗ですよね、あの人。

アンチエイジングの鏡。本当にお肌に体に手をかけて、大切に

ケアしているのがよくわかります。努力の人ですよね。

彼女は松田聖子さんのように、いつまでも若々しく美しくいたい

と思っていたんでしょうね。

 

で、しまうまはちょうど小学校高学年位の時に初めて『聖子ちゃん』

をテレビで見たのですが、如何せんまだお子ちゃま。

彼女の魅力がわかりませんでした。歌に関してもそうです。

 

それがですね。

最近、昔のデビュー当時の聖子ちゃんをテレビで見ると、

「なんて儚げで可愛いんだ・・・・・」

と思うのです。今頃気づいたのか、みたいな感じではあるんですが、

世の中の男性も女性も虜にした『聖子ちゃん』の魅力が、今頃に

なってわかったのです。あの切なそうな表情、優しい高い声、

それっも力いっぱい歌うんじゃないんですよね、なんか、好きな

ボーイフレンドの背中につぶやくように歌う歌が多いですよね。

 

彼女の歌の中でも、ダントツに好きなのは『赤いスイートピー』。

 

春色の汽車に乗って

海に連れて行ってよ

タバコの匂いのシャツに

そっと寄り添うから

 

なぜ知り合った日から

半年過ぎても

あなたって

手も握らない

 

すごく切ない女の子の心の呟き。46歳の場数を踏みきってし

まったおばちゃんにはあまりにもピュアで眩しすぎる。

リアルタイムでこの歌の良さをわからなかったのはとても残念

ですが、でも、この歳だから、あの年頃の恋する女の子の純真さ、

ひたむきな恋心がわかるのかな、と思います。

 

あっ、『青い珊瑚礁』も大好きですよ。

あの伸びやかな声で、歌い上げる愛の歌はとても『グッ!』と

きます。夏の海の開放感で、恋心全開、みたいな。

 

ふふふふ、若いっていいですね。

 

ちなみに。

最近ですが、矢沢永吉が良いな、と思い始めました。

 

時間よ、止まれ

 

ああ、渋い、めちゃ格好良く見えます。ていうか、カッコイイ

ですよね、あの人。うふ。

 

お金ができたら、どちらもベスト盤が欲しいなぁ、と思うように

なりました。

うん。

でも、お金っていつできるんでしょうね?

うん。

わからないです。てへ。

 

最近、勉強のストレスが溜まり気味なので、まずは今夜から

心から愛するJAZZをヘッドフォンで聞きながら勉強してみます。

なんか改善策を取らないと、マズイ状態です。

えー、音楽的にはJAZZを心から愛していますが、

ヴィジュアル的にはKISSの大ファンです。

 

どうでしょう、こんなしまうま。

こんな感じで、また明日です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前から感じていた違和感の正... | トップ | ある意味、生きているって感じ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。