しまうま げいぢつ的ブログへようこそ

ようこそ。ここは猫とハムスターと日々の徒然を綴っている、しまうまの愚痴りブログです。

ミーちゃん、ばあちゃん、シーズー。

2017-02-22 10:24:40 | 日記

みなさん、更新できなくてすみませんでした。

もう、ののはインスリン、ぱうろちゃんは飲み薬、しまうま

に至っては風邪をひく5秒前みたいな感じでてんてこ舞い(?)

で過ごしていましたので、続きが書けませんでした。

来てくださったみなさん、ありがとうございました。

 

さて、今朝もののを連れて動物病院へいってきました。

・・・・血糖値が下がりません・・・・。

インスリンがまた1単位増えました。今晩から4単位打つこ

とになりましたよ・・・・。

もしかしたら、今朝のインスリン投与の時、針が突き抜けて

インスリンが打ててなかった可能性もあるけど、どうもやは

り血糖値が高いので1単位増えたんですね・・・・。

しょんぼり。次は金曜日に診察です。

しまうま、風邪ひいてる場合じゃない。ファイトです。

 

でね、話が変わるんですが。というか、時間軸が戻るんで

すがね(笑)。

動物病院の待合室でのこと。

おばあ様が二人、猫を連れてやってきました。

この猫がね、すごい鳴くんですよ。デカい声でね。

嫌なんでしょうね、動物病院がね。

まぁ、動物病院が好きな動物はいないでしょうね、たぶん。

ふふふ。

で、一人のおばあ様が、キャリーバッグに顔を近づけて、

これまたご年配のおばあ様特有の大きな声で

「あんたぁミーちゃん、そんなに鳴かんの。どしたんね、」

と言ったので、猫はミーちゃんと判明。

ますます声を大にして鳴き喚くミーちゃん。

おばあ様、ミーちゃん怯えているのに声がでかすぎです。

するともう一人のおばあ様がわざわざ席を立ち、ぐるりと

ミーちゃんのキャリーバックの小窓のところまで行って、

「どうしてそんなに鳴くんね、うるさいでしょうが、」

大声でクドクドお説教を始めたんですね。はははは(笑)。

 

多分ですよ?

多分、ミーちゃんは不快指数100だったと思うんですよ。

嫌いな動物病院へ連れてこられ、おばあ様2人にお説教

喰らって気分良いわけないですよね。へへへへ(笑)。

 

ミーちゃんますます激しく鳴き始め、手に負えない状態に。

 

そしたら、それに辟易したのか、最初にミーちゃんを叱った

おばあ様がミーちゃんの反対側にシーズーがお母さんに

抱っこされてちんまりしているのに気づきました。

 

あー、見つかった。

 

と、ほくそ笑むしまうま。ののは静かにしています。

 

案の定、おばあ様、これまた大きな声で

「あらー、可愛いねぇ。大人しいんじゃねぇ、あんた」

とお母さんには何の挨拶もせず、シーズーにワーワーと

話しかけ始めました。もう一人のおばあ様はまだ、

ミーちゃんに延々とお説教しています。

 

なんだかんだと至近距離で見知らぬおばあ様に大声で話

かけられ、顔を近づけられて、怯えるシーズー。

ちょっと気を悪くしているお母さん。

雰囲気でもろ解りです。

笑いをこらえるしまうま。

 

すると、シーズー、本当に嫌だったらしく、くるっと

身体の向きを変え、おばあ様に背を向けてしまいました。

「あらぁ、震えよるわ、どしたんじゃろ。」

とあてこすりを言うお母さん。

うちの子に構わないでオーラ全開です。

 

でも、そんなこと気づかないおばあ様。

それからもミーちゃんは叱られ続け、シーズーは馴れ馴れ

しくされ続け、見ていてなんだか可哀想なのでした(笑)。

 

で。

それを腹の中で笑っていたバチか、ののの血糖値が下がっ

てなくて、しまうまは悲鳴をあげそうになった、と。

 

ねぇ・・・・。

こっちの血の気が下がるわ、とか思いながら診察室を出ると、

代わりにミーちゃんが呼ばれて、診察室におばあ様2人と

共に吸い込まれていったのでした。

 

結局最後まで何故猫1匹におばあ様が2人付き添っている

のかはわからなかったのですが、お会計中、診察室から

ミーちゃんの喚き声と2人のおばあ様のあれやこれやと

説明(?)する大声が聞こえてきて、旦那さん獣医さんが

少し気の毒なのでした。

大変ですね、へへへへ(←結局他人ごと)。

 

さて、風邪ひきそうですがお昼ご飯を食べて、動物たちの

1か月の食料を買いに行ってきますね。

また明日です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神様ありがとう・・・・・(... | トップ | こんなはずでわ・・・・・(汗) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。