手話通訳者のブログ

田舎の登録手話通訳者のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手話通訳者の失敗談

2016-09-18 10:02:27 | 手話
このブログでは、派遣者や他の通訳者を批判することが多い。
「あんたは完璧だとでも言うんかい!」
というツッコミが聞こえてきそうや。

完璧なわけないやんか。
今日は失敗談を書かせてもらお。

ある日の朝、目を覚まして時計を見た瞬間、飛び起きた。
8時過ぎとるやんけ!
今日は9時から通訳・・・ギリギリだ!
朝食どころではない。急いで顔洗って家を飛び出した。

ギリギリセーフ。
通訳終わったとき、時計を見ると正午を回っていた。
腹減った・・・朝メシ、いや、昼飯にしよう・・・
そのとき、携帯が鳴った。派遣者からだ。

「たいしさん、急な依頼で申し訳ありませんが、今から通訳お願いできませんか?」
えっ、今から? 場所と開始予定時間は?
「駅裏です。午後1時待ち合わせです」
ぎりぎり間に合うな・・・了解!

急いでバス停に向かう。移動予想時間は約45分。ギリギリや。

予定時刻の3分前に到着。駅裏の○×歯科。
ほぼ同時に申請者のSさんも到着。
評判のいい歯医者で、混んでいる。混んでいるが、今日は子供の患者さんはいなくて、シーンとしている。
その時。

ぐるるる・・・

腹が鳴り始めた。
うわ・・・
腹を押さえたが、ますますでかい音で鳴り始めた。
やばい・・・

ろう者の視線は鋭い。
音は聞こえていないだろうが、人の表情の変化にはすぐに気がつく。

「たいしさん、どうしたの? 変な顔して」
実は・・・
「あははは! まだ待ち時間長いと思うから、ええよ、外で食事してきて」
いや、終わってから、ゆっくり食事するわ。


あれ以来、通訳に行く日は異状なぐらい食欲旺盛になる。
恥ずかしい経験が心に刻まれているのだろうか、「食べなきゃ」という脅迫観念みたいなものにとらわれているらしい。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 独断と偏見で手話通訳者の「... | トップ | 自分にとって手話とは »

コメントを投稿

手話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。