手話通訳者のブログ

田舎の登録手話通訳者のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中学生時代

2017-04-20 17:18:50 | 手話
今回は手話とは関係ない話。
年寄りの昔話じゃ。

小学生の時は誰もが知る悪童であったが、中学生になったら、突然、真面目になった。
なぜだろう。自分でもわからない。
自分がわからないぐらいだから、周囲は一様に驚いた。

あの悪童が、校則を完璧に守る優等生になった。


ある日、突然、別人のようになる。
自分自身が経験しているから、地元の手話通訳者Nちゃんの変化を見ても、あまり驚かなかった。

今では、Nちゃんは手話サークル「ダ・カーポ」の古株メンバー。
時が経つのは早いものだの。
新入会員としてNちゃんが入ってきた時のことは鮮明に覚えている。
非常に大人しくて、いるのか、いないのか、わからないような人だった。

手話通訳者認定試験に合格しても、そのままだった。
みんな、試験に合格すると、
「やったー!合格したー!うれしい!!」
と騒ぐが、Nちゃんは何も言わなかった。通訳現場で会うまで、合格したことを知らなかった。

それが、ある時、はじけた(笑)

今では底抜けに明るい人である。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小学生時代/S先生 | トップ | 地元の手話通訳者/Nちゃん... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。