手話通訳者のブログ

田舎の登録手話通訳者のブログです。

壊れてゆく手話通訳者たち

2016-10-20 06:51:26 | 手話
この現実をご存知ない方は手話通訳問題研究会の会員を探して、「手話通訳問題研究」という冊子を数冊、借りて欲しい。
そして、巻末の「ハガキで話そう」というコーナーを見て欲しい。
手話通訳者たちの本音を垣間見ることができる

もちろん、教科書的な内容や軽い内容もあるが、中には・・・
悲痛な叫びもある。
「手話を見るのが辛い。どうして、こんな状態になってしまったんだろう。でも、必ず復帰できる日を信じて、勉強は続けています」

心が痛い。

手話通訳は重労働である。
肉体的にはもちろん、精神的には本当に深刻な疲労を残すこともある。

派遣制度を利用されているろう者のみなさん、この現実を、常に心にとどめていただきたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手話世界で学んだこと | トップ | 事実は多面的なものである »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。