小梅日記

主として幕末紀州藩の学問所塾頭の妻、川合小梅が明治十八年まで綴った日記を紐解く
できれば旅日記も。

10月16日  26番~24番

2016-12-13 | 四国遍路 土佐(高知...
10月16日曇天
夏頃から兄嫁と約束していた。兄嫁と言っても同い年だから「お義姉さん」とは呼んでいない。和歌山発の遍路ツアーにタイミングが合えば参加しているらしい。兄は7年前に悪性腫瘍で鬼籍に入ってしまった。兄嫁とは所用以外にあまり話をしない仲だったが兄の供養のためにもこれは良い機会だと思った。兄嫁は妹さんも誘っていた。やはり、夫が可愛がっていたただ一人の妹との二人参加は窮屈だったのだろう。日帰り一名15000円也。
と、それはさておき、日曜日の早朝に所定の場所に集まった。この逆打ち日帰りツアーの参加者は38名。大型観光バスのやや後部座席。添乗員と運転手が各2名。
和歌山駅を6時30分に出発。阪和道から鳴門インターを通ってトイレ休憩を何度か挟んで徳島県に入る。女性の先達さんが徳島のSAから乗り込んできた。
10時20分に日和佐道の駅に着く。
ここは阿波徳島の最後の札所の23番薬王寺の最寄り駅だ。足湯や観光案内、土産物やなどがあるかなり大きな道の駅。ここで1時間あまり徳島行きの電車を待った思い出がよぎる。遠くに見える日和佐城や薬王寺が降りそうな空の向こうでぼやけて見えた。
15分のトイレ休憩が終わると走り出したバスの中で昼食のお弁当とお茶が配られた。早すぎないかい?ま、日程の都合があるのだろう。しかし、かなりひどいお弁当である。
12:00  26番金剛頂寺
13:00  25番津照寺
14:00  24番最御崎寺
16:00  日和佐道の駅
17:50  徳島港着
18:55  徳島港発
21:05  和歌山港着
21:30  和歌山駅着解散
順調に時が流れ、なんとも曇天下のバスに揺られる為の一日となった。






26番 龍頭山 金剛頂寺(こんごうちょうじ)
ご詠歌 往生に望みをかくる極楽は 月の傾く西寺のそら
本尊 薬師如来
室戸岬から海岸沿いの西北の土佐湾につき出した小さな岬の頂上に、椎の原始林の覆われ札所が「西寺」と古来から親しまれてきた金剛頂寺だ。室戸三山(西寺・津寺・東寺)の一寺院として「西寺」の通称でも親しまれている。ゆえに朱印も「西寺」と捺されている。
縁起によると、大師が平城天皇の勅願により、本尊の薬師如来像を彫って寺を創建したという。大師が塔から帰国した翌年のことで、この時、彫られた本尊は自分で厨子に入ったそうだ。大師が開いた最初の寺とされている。境内には
鯨供養塔(鯨の供養塔があり、別名「クジラ寺」ともいわれる)や一粒万倍の釜(大師が炊いた米が一万倍に増え、人々を飢えから救ったという)などもある。




25番 宝珠山 津照寺(しんしょうじ)
ご詠歌 法の舟入るか出づるかこの津寺 迷ふわが身をのせてたまえや
本尊 地蔵菩薩
参道正面の小高い丘陵の上にある。鎮座しており、朱門をくぐり右へ入ると大師堂、納経所、檀信徒会館があります。本堂に向う石段は真直ぐと天に続くかのような急勾配。参拝者はみんな真ん中の手摺りを利用しないと登れない。石段の途中には竜宮城を思わせるような鐘楼門兼仁王門。石段を昇りつめた所、本堂の正面には太平洋が広がります、眼下には室津川の河口と室津港、右の方には深緑の隙間に26番金剛頂寺が見える。筈だが雨が降りそうな空では灰色にしか見えなかった。
寺伝によると大師が巡拝にきた折に山の形が地蔵菩薩の持っている宝珠に似ているからと地蔵菩薩を彫って本尊として寺を創建した。昔、この像は火事になった時に僧に変身して村人に知らせて火事から救ったという逸話があって「火事取り地蔵」とも呼ばれている。
本堂は昭和50年に復興され、屋根には宝珠が輝いている。






24番 室戸山 最御崎寺(ほつみさきじ)
ご詠歌 明星の出でぬる方の東寺 くらき迷いはなどかあらまし
本尊 虚空蔵菩薩
大師が悟りを開いた修行の地に建つ札所。室戸岬の突端にあり寺名は「東寺」と呼ばれている。国道55号線沿いに二つの大師が19歳の時に修行した洞窟がある。悟りを開いた「神明窟」と寝起きした「御厨人窟」です。難行の最中に明星が口に飛び込み、この時に悟りが開けたと伝えられ、法名を空海と決めたあの場所です。最御崎寺はその洞窟の上にある。
でも現在は立ち入り禁止になっていた。落石で怪我人がでたからだそうだ。尤もこのツアーでは窓から拝観となっていたのであまりガッカリしなかったけれど、歩き遍路さんにとっては落胆が大きいだろうと思う。なんといってもここは遍路道のハイライトではなかろうか。大師さんが座られたあろう場所から空と海を眺めたいもの。
寺伝によれば唐から帰国した大師が命によって虚空蔵菩薩像を彫って建立したのが始まりで勅願寺として栄えた。








最御崎寺へはバスが宿坊の前まで行ったのでジャングルのような道を歩いた。金剛頂寺と津照寺は石段が多くて難儀した。同行二人+1匹のワンちゃんが可愛かった。車遍路だけどちょっと羨ましかった。ワンちゃん用の白衣や菅笠があるのは知らなかった。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土佐に向けて | トップ | 10月27日1 37番 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四国遍路 土佐(高知...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。