小梅日記

主として幕末紀州藩の学問所塾頭の妻、川合小梅が明治十八年まで綴った日記を紐解く
できれば旅日記も。

ある老女優の死

2017-06-29 | 雑記
小倉の市民劇団の女優だった由利子さんが亡くなった。
先日公演で行った時に電話したら家の中で転んで足が痛くて動けないという。
それで来られると大変だろうとお邪魔するのをやめた。
それから一ヶ月あまりで届いた訃報だった。

あの時無理にでも押し掛けるべきだったのかどっちにしても後悔はつきまとうだろう。
足の痛みが改善されないので手術をすることになり術前検査で手遅れの肺がんがみつかったという。
そして、その翌々日に急ぐように逝ってしまったと。
痛みや死への不安を感じる時間が少なくてよかったとそれが救いになった。

由利子さんは東京で女優をしていたが結婚のために小倉へ呼び戻された。
親の意には逆らえない時代だった。
親の決めた嫁ぎ先は江戸時代から続く和菓子店。
小倉には敗戦直後から続いている市民劇団があった。
由利子さんは子育てが一段落すると劇団に入った。
社会人ばかりの劇団だから稽古は夜で昼間は和菓子店のおかみさん。
プロの水をくぐってきた由利子さんの参加で劇団は変わった。
役者としても裏方としても趣味感覚だった劇団員に衝撃を与えたのだった。
劇団になくてはならない人になった由利子さんだったが骨折したのを機に平成十八年の公演を最後に退団した。
見れば気になるからと観劇にも楽屋にも一切姿を現さなかった。
一本も二本も筋の通った人だった。華も意欲もある人だった。
新米だったセンセの私は色々教えて貰ったしケンカもした。本音で話せる数少ない人だった。



ご主人に先立たれ老舗の和菓子も製造中止。
「今が一番幸せ」と最後に会った時の笑顔が忘れられない。まさに演じきった女優の顔に見えた。
享年七十九才。
数年の内には追いかけるからまたケンカしようね、由利子さん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月十五日 | トップ | 五月十六日、十七日、十八日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yururimomo)
2017-07-01 11:43:02
今は少なくなったような気がします。
一本も二本も筋の通った人、華も意欲もある人…、
そんな女優さんや演出家や脚本家の方達がいらした気がします。

短い時間でしたが、舞台の世界にいました。
Unknown (akigasumi)
2017-07-02 20:55:10
yururimomoさん
コメントをありがとうございました。
ちょっと鳥肌がたちました。由利子さんからかと一瞬思ったもので(汗)
無名で素晴らしい方がたくさんいらっしゃいますね。むしろ、無名故に思い切ったことの出来る方たち。

舞台の世界はいかがでしたか?
Unknown (yururimomo)
2017-07-03 13:58:26
夢があったのですね
若いから何も怖くなかったころです。

お付き合いは直接ありませんが
今住む町にも、幾つか劇団があるようです。
中に、70年(?)ほどの歴史をもつ劇団があって
10代から70代の方が頑張っていらっしゃるようです。
すごいエネルギーだと思います。
Unknown (akigasumi)
2017-07-04 20:49:25
yururimomoさん、こんばんは。
夢‥‥
夢が叶ったときの虚しさ
そんな虚しさをもっと拾いたいかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。