小梅日記

主として幕末紀州藩の学問所塾頭の妻、川合小梅が明治十八年まで綴った日記を紐解く
できれば旅日記も。

五月八日、九日、十日

2017-06-16 | 嘉永四年 辛亥日記

五月八日 曇のち雨

曇っていたが4時頃から降り出した。
今日は川嶋角助から詩会をするので来てくれとのこと。
4時頃栗山がくる。
その後、主人は山本彦十郎殿宅へ行く。
川嶋へ行き着くのは8時頃になるらしい。同行者は北野と栗山。
市川に先に寄るという。


五月九日 

主人は学校当番。
夜、千太郎宅で会があり岩一郎が行く。
真善を送って帰って来たのは4時頃だった。


五月十日 

おおいに雨が降る。風も少々ある。
雨が上がっている間に伊東直之丞の見舞いに行く。北野へも行く。
一度帰宅してから小山半左衛門宅へ行き夜12時過ぎに帰った。
菊と寿老人の絵を持参したが、これは安藤にお目にかけたいと置いてきた。
嫁が三味線を弾いたらしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西国第三番 風猛山 粉河寺... | トップ | 五月十一日  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。