小梅日記

主として幕末紀州藩の学問所塾頭の妻、川合小梅が明治十八年まで綴った日記を紐解く
できれば旅日記も。

五月十一日 

2017-06-18 | 嘉永四年 辛亥日記

雨のち曇
昨日、小出に絵を置いてきたが少々気に入らない所があるので江戸へ出すのは具合が悪いので、そのことをとよに申しやる。
今日は少々陽も見えたので糊をしかけはじめたが、またおかしな天気となった。
最近の天気の具合は非常に悪くて麦にも菜種にもひどく悪く、茄子などもひどいものだ。米は150目也。
天候が不順なので袷に襦袢を重ねて丁度よい。
昨夜は田中善一殿が来られて主人は外出中だったけれど一盃出した。
とよの妹がきて一晩泊まった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月八日、九日、十日 | トップ | 五月十二日、十三日、十四日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。