小梅日記

主として幕末紀州藩の学問所塾頭の妻、川合小梅が明治十八年まで綴った日記を紐解く
できれば旅日記も。

五月二十九日

2017-07-29 | 嘉永四年 辛亥日記
五月二十九日 

快晴す。
早朝に梅本から庄兵が夜中に病死したとの知らせが来る。
(下働きによく来ていた庄兵は親戚の梅本の使用人だった)
昼頃にお直がきて直ぐに帰り茶菓をだしたのみ。
主人は学校当番なのでお城に出かける。
庄兵への香典を5匁とよに持たせて遣わす。
住吉町の岸へおくりを持参して当番代わりをもらう。主人行く。
一口にも足らない茄子が一つ3文づつで6つ求めた。
きゅうりが1本につき8文。
いずれも不出来。麦だけはずいぶんとできがいいらしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月二十五日、二十六日、二... | トップ | 六月朔日、二日、三日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

嘉永四年 辛亥日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。