小梅日記

主として幕末紀州藩の学問所塾頭の妻、川合小梅が明治十八年まで綴った日記を紐解く
できれば旅日記も。

日常のはじまり

2017-06-01 | 雑記
引越し引越しと騒いでいる内にはや6月。
なぜが焦る。

週末には脚色した芝居が上演されて三日ほど小倉に行ってきた。
これで引越騒動の結末だなんて意味不明なのだけれどそんな感じがしている。


芝居もまた人間関係の縮図反映によって良くも悪くもなる。
書いた者には台詞を知っているので飛ばしたり間違えたりするとドキン!とする。
観客には知らぬことだが。

玄界灘に面した温泉で一泊。いろいろな疲れを流してきた。
今日から同じような毎日が展開されていく。
されど宿題はたくさんある。
次の芝居の資料がわんさかあるし、荷物を積んだままの部屋も片付けていかなければならない。
でも急がない。ワンコと賑やかな街をほっつき歩こう。


小梅日記」ゆるりと再開します。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五月朔日 | トップ | 五月二日、三日、四日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。