人事戦略研究所

人事戦略研究所の紹介と情報の発信をするブログ

長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果

2017年07月27日 | 労働基準法・徴収法関連
【平成28年4月から平成29年3月までの監督指導結果のポイント】
⑴ 監督指導の実施事業場: 23 ,915 事業場
このうち、15,790事業場(全体の66.0%)で労働基準関係法令違反あり。
⑵ 主な違反内容 [(1)のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場]
➀ 違法な時間外労働があったもの:     10,272 事業場( 43.0 % )
    うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が
月80時間を超えるもの:        7,890事業場(76.8%)
うち、月100時間を超えるもの:     5,559事業場(54.1%)
うち、月150時間を超えるもの: 1,168事業場(11.4%)
うち、月200時間を超えるもの:  236事業場( 2.3%)
➁ 賃金不払残業があったもの: 1,478 事業場( 6.2 % )
  うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が
月80時間を超えるもの:     909事業場(61.5%)
➂ 過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:  2,355 事業場( 9.8 % )
⑶ 主な健康障害防止に係る指導の状況 [(1)のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場]
➀ 過重労働による健康障害防止措置が
不十分なため改善を指導したもの: 20,515 事業場( 85.8 % )
  うち、時間外・休日労働を月80時間※以内に
削減するよう指導したもの: 14,012事業場(68.3%)
➁ 労働時間の把握が不適正なため指導したもの:   2,963 事業場( 12.4 % )
     うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が
月80時間を超えるもの: 1,313事業場(44.3%)

長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度使用者による障害... | トップ | ストレスチェック制度の実施状況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。