人事戦略研究所

人事戦略研究所の紹介と情報の発信をするブログ

「平成28年度個別労働紛争解決制度の施行状況」

2017年06月17日 | 統計情報
【ポイント】
1 総合労働相談、助言・指導申出、あっせん申請の件数はいずれも前年度と比べ増加。
  総合労働相談件数は113万741件で、9年連続で100万件を超え、高止まり
・総合労働相談件数             113万741件(前年度比9.3% 増)
→うち民事上の個別労働紛争相談件数  25万5,460件(  同  4.2% 増)
・助言・指導申出件数                 8,976件(  同  0.6% 減)  
・あっせん申請件数                  5,123件(  同  7.3% 減)
2 民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、あっせんの申請件数の全てで、「いじめ・嫌がらせ」がトップ
・民事上の個別労働紛争の相談件数では、70,917件(同6.5%増)で5年連続トップ。
・助言・指導の申出では、2,206件(同7.7%増)で4年連続トップ。
・あっせんの申請では、1,643件(同13.2%増)で3年連続トップ。

「平成28年度個別労働紛争解決制度の施行状況」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未熟練労働者に対する安全衛... | トップ | 同一労働同一賃金に関する法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

統計情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。