鈴木宗男ランド ブログ by宗援会

お断り 当ブログサイトは個人で発信されており、鈴木宗男事務所、後援会とは一切関係有りません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宗男日記から

2010年12月09日 | Weblog
ムネオ日記
2010年12月6日(月)
鈴 木 宗 男
 昨夜は鈴木家全員で家内の手作りの夕食。何とも言えぬ格別な味がした。
 孫の元気な姿が神々しく見える。
 いよいよ収監の日、家内は私の大好物をしっかり用意してくれる。
 娘とたわいのない会話をしながら一緒に明治神宮に向かう。厳粛な気持で「真実が明らかにならなかった悔しさ無念さを正直に思いながら、国家の安泰と世界平和」を祈念する。見事な天気のもとで参拝し心洗われる思いである。
 多くの人から「身体に気をつけて」と、電話・FAXが入る。かけがえのない素晴らしい凄い後援者にめぐまれ感謝の気持で一杯だ。
 松山千春さんから「ムネオさん胸を張って堂々と行って下さい。足寄が故郷の我々はどこまでも一緒です。居ない間のことは心配しないで任せて下さい」と励ましを受ける。私にとって一番の「お告げ」であり、精神安定剤である。
 松山千春さんはじめ北海道・全国の後援会、新党大地の皆さんしばらく留守をしますがどうぞ宜しくお願い致します。
 それでは行って参ります。私は元気です。私はへこたれません。私には心ある人が付いています。お目にかかれる日を楽しみにしています。ごきげんよう。

◆++++++++++++++++++++++++++++++++++++++◆


新党 大地 


鈴木宗男 オフィシャルページ



 

◆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞◆

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

宗男日記から

2010年12月06日 | Weblog
ムネオ日記
2010年12月5日(日)
鈴 木 宗 男
 昨夜、釧路からの最終便で上京。家に着いたのは23時になった。限られた時間しかないので雑誌の校正とか残された仕事をしたら夜中の3時近くになってしまった。
 9時から日程が入っていたので予定通りこなしながら午後からは事務所で書類整理や留守の間の打合せを事務所の人達とする。9月15日異議申し立て棄却、10月7日食道ガンと言われ26日手術。あっという間の80日だった。
 8年前逮捕される時は検察のリークによるメディアスクラムともいうべきバッシングで身動きが取れなかったが今回は同情や激励ばかりで、メディアの皆さんも冷静に受け止めて下さり。北海道内の後援会はもとより全国の主要な処にも挨拶に行く事ができよかった。
 与えられた宿命の中でしっかり頑張って結果を出したいと改めて決意する。北海道はもとより全国の後援会、仲間、同志の皆さんしばらく留守を致しますがお許し下さい。
 東京も北海道の事務所も従前通り機能しておりますので宜しくお願いします。一日も早くお目にかかれる事を楽しみにしながら行って参ります。

◆++++++++++++++++++++++++++++++++++++++◆


新党 大地 


鈴木宗男 オフィシャルページ



 

◆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞◆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗雄日記から

2010年12月06日 | Weblog
ムネオ日記
2010年12月4日(土)
鈴 木 宗 男
 収監までの限られた時間の中で種々打合せをする。
 昨日昼は私の指南役ともいうべき佐藤優さんと様々なシミュレーションの中で戦略・戦術を話し合う。佐藤さんの分析・先見性にうなずきながら自信がわいてくる。
 夕方、札幌に向かい松山千春さんと私の居ない時・留守の間・選挙になった時を含めて新党大地の立ち位置・対応・細部にわたり相談する。
 松山さんの考えと私の思いは一致し価値観を共有できることは有難いことである。松山さんの人間失ってはいけない「情」「心」「感性」を改めて感じながら凄い「心友」に心から感激した。
 今日も松山さんから電話があり「ムネオさん堂々と胸を張って行って下さい。どんなことがあっても最後迄ムネオさんと一緒ですから。足寄がルーツの2人ですから。何も心配しないで何かあった時には先頭に立ってやりますから」と励ましを受ける。ただただ涙が流れてくる。電話の向でも千春の涙声が伝わってきてお互い言葉が繋がらない。足寄に生まれ育ち、故郷にこだわって生きてきた2人だけにしかわからない価値を確認でき幸せである。私にとって松山千春さんは特別の人である。
 10時から帯広・十勝管内、14時から網走管内、17時から釧路・根室管内の鈴木宗男後援会新党大地支部の拡大役員会。皆さん「待っていますよ。身体に気をつけて」「死ぬ迄鈴木宗男ですから心配しないで」「必ずカンバックして下さい。応援しますから」等々声をかけられる。
 厳しかった昭和58年最初の選挙。有罪判決を受けての平成17年9月、21年8月の選挙を乗り切ってくれた我が後援会は日本一の後援会である。
 人間関係に感謝しながら収監前にお詫びの挨拶が出来ホッとする。8年前逮捕の直前はマスコミにも追いかけられ選挙区に帰ることはままならなかった。
 今、世の中空気は変わり東京・北海道の事務所には激励の山である。判ってくれる人、理解してくれる人が圧倒的に多い。私は意を強くして6日に臨んで行く。
◆++++++++++++++++++++++++++++++++++++++◆


新党 大地 


鈴木宗男 オフィシャルページ



 

◆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞◆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗男日記から

2010年12月06日 | Weblog
ムネオ日記
2010年12月3日(金)
鈴 木 宗 男
 昨日「送り出し会」に出席した方々から「温かい雰囲気で心のこもった挨拶が続き感激しました」「やはり経験ある政治家のお話は胸に響きます」等々のお声をいただく。
 人情の機微を感じながら政治家は人間関係が太いか細いかで長続きできるかどうか決まると改めて思った次第である。
 8年前、逮捕され437日間勾留、16年11月、第1審で有罪判決を受け平成17年9月11日の衆議院選挙で新党大地を立ち上げ奇跡の復活、平成20年2月第2審でも有罪判決、最高裁に上告、21年8月30日衆議院選挙で再び当選。今年8月4日、衆議院本会議で院議をもって衆議院議員在職25年永年表彰を受けることができた。
 何時、いかなる状況でも私を支えてくれた松山千春さんはじめ北海道はもとより全国の後援者に心から感謝したい。合せて秘書はじめ事務所スタッフもよくやってくれた。心からお礼申し上げたい。
 6日の収監に向け限られた時間の中で私が居ない間のことについて、何があってもいい様にしっかり打ち合わせをする。
 毎日新聞1面に「特捜事件1部可視化、最高検が最終調査」という見出し記事がある。大阪地検特捜部の証拠改ざんの発覚、密室での強圧的取調べ。検事の誘導による一方的な調書作りが明らかになったが、これは大阪地検だけの問題ではなく、検察全体にある問題である。
 私の事件でも、やまりん関係者・島田建設関係者も弱みに付け込まれ検察の誘導により検察の都合によい調書になり、そのデタラメな調書を裁判官は「信用性が高い」と判断してしまう。
 冤罪を無くす為にも取調べの可視化は絶対必要である。何よりも大阪地検特捜部の大坪特捜部長・佐賀副部長が自分達の事件では可視化して下さいと言っている事が一番の証明ではないか。
 取り調べる側に居た時は可視化に反対し、逆に立場が変わり取調べを受ける側になった時「可視化」と言うのはとってもわかりやすく正直な話しではないか。狙われたら明日は我が身の思いで衆参国会議員は与野党の分けなく、民主主義の危機という観点から一体となって早急に取組んでいただきたい。
 収監前に心からの願いである。私は発言の場、発信する機会があったが権力にうちひしがれ人生、挫折や失望を味わい自分の主張をできない人が多くいる事だろう。そうした人の為にも私はこれからも「人生、生きていればよい事がある。いや逆転もあるぞ」というメッセージを発信し行動をしていく。
 権力の中枢に居た時、私は変わっていないし原点は忘れていないと思っていても「前しか見てない鈴木宗男」「権力志向のギラ付いた鈴木宗男」という受け止めをされた。
 今、私は横や後ろを見ている。何よりも声なき声を大事にしている。天国と地獄を経験した強みを生かして参りたい。
 朝日新聞の夕刊「ニッポン人・脈・記」1日付きに鉄路よ運べあの東京へ津軽1回目を何度も読み返した。
 
 青森駅は雪が舞っていた。まもなく夜行の「津軽」が出る。
 「一緒に家に戻るべ」
 着物姿の母が引き留めた。だが少年は、出稼ぎの男たちでごった返す列車に乗り込んでいく。母親はくずおれ、駅員が2人、駆け寄って両脇を支えた。
 歌手の吉(よし)幾三(いくぞう)(58)は15歳の時、そうして東京を目指した。日本が高度成長へ走っていた頃である。出稼ぎや集団就職で、あるいは吉のように夢を追い、津軽の人々は夜行に揺られた。
 青森県の西半分、岩木山とリンゴ畑が美しい津軽は、地吹雪で白一色に覆われる厳冬の地でもある。青森や弘前、五所川原の各市が中核を成す。
 吉は五所川原市で生まれた。正確にはかつての金木町で、太宰治とは同郷になる。貧しい農家の9人目、末っ子だった。
 父は民謡の名手だったが、歌で稼いでも酒に消えてしまう。吉は思った。民謡ではだめだ、東京でスターになってやる。
 父は湯飲みを投げてきた。

 夜通し乗った「津軽」は酒臭かった。解放された上野駅で、吉は辺りに漂う香ばしいにおいに陶然とする。これが東京か。ポップコーンという菓子自体をまだ知らなかった。「あのにおいがすると、東京に出てきた頃を思い出す」と吉は今も言う。
 名を上げるまでは帰れない。北海道への巡業で青森を通っても、金木町には寄らなかった。青函連絡船で家の明かりを思い、手紙も書いた。「明日は東京で仕事があるから帰れないってね。忙しくもないのに」
 「俺(お)ら東京さ行ぐだ」がヒットし、「雪國」で人気を不動にする。念願の紅白に出て、郷里には立派な家を建てた。今は気兼ねなくそこに帰ってくる。
 真っ青な稲の向こうに浮かぶ岩木山がいい。「津軽の人はみんな自分の所から見る岩木山が一番って言う。僕もそう」

 唄)いつもじょんがら大きな声で 
       親父(おどう)歌って汽車から降りる
              お岩木山ヨ みえたか親父

 自作「津軽平野」の一節だ。
 吉を迎えた上野駅は、東北の人にとって東京の玄関だった。

 吉さんの記事を見ながら中学の同級生が足寄から集団就職で東京へ向かった時、見送った事を想い出し又、私も北海道から東京に出た昭和41年夜行列車で上野駅に着いた事が脳裏を過ぎり感慨無量であった。
 同級生の中には連絡の取れない人もいる。どうしているかと案じながら私は生かされている、生きていることに感謝の気持で一杯である。
 吉さんがお岩木山なら、私は故郷から見える阿寒の山々である。
 娘から「待っててくれる人も場所もある。帰る場所もあれば、どこに行っても強くなれます」と、私の手帳に書き込みがある。
 こうも書いてあった「自分の歩んできた道を否定しないで下さい。鈴木宗男を信じ、人生を賭けてくれた人が沢山います」娘の思いにただただ納得するものである。

◆++++++++++++++++++++++++++++++++++++++◆


新党 大地 


鈴木宗男 オフィシャルページ



 

◆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞◆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗男日記から

2010年12月06日 | Weblog
ムネオ日記
2010年12月2日(木)
鈴 木 宗 男
 15時から、私の「送り出し会」をして下さる。弘中惇一郎弁護士から鈴木事件は「冤罪だ」と、やまりん事件・島田事件についての話があり、佐藤優さんから私の収監中「毎日手紙を書きます」と、心のこもったお話をいただく。
 森元総理・鳩山前総理から中川一郎先生時代の私の仕事ぶり政治家になってからの働きぶりを情熱的に語って下さった。
 亀井静香・伊吹文明・古賀誠・額賀福志郎・原口一博各衆議院議員・福島みずほ参議院議員からそれぞれ激励の挨拶をいただく。
 田原総一郎・佐高信・小沢遼子さんからは8年前のムネオバッシングで「誤った、正しくない情報で鈴木さんを誤解していた」と、人間的なお話が披露された。
 人間関係をつくづく感じながら温かい送り出しに心から感謝した次第である。
 私は6日、収監の予定である。細かいことは弁護士さんと東京高等検察庁で打合せに従って、淡々と粛々と収監に備えたい。

◆++++++++++++++++++++++++++++++++++++++◆


新党 大地 


鈴木宗男 オフィシャルページ



 

◆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞◆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加