新生日本情報局

日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。

4月29日(土)のつぶやき その4

2017-04-30 04:25:57 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月29日(土)のつぶやき その3

2017-04-30 04:25:56 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月29日(土)のつぶやき その2

2017-04-30 04:25:55 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月29日(土)のつぶやき その1

2017-04-30 04:25:54 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国や北朝鮮などの脅威に対抗する日米両国に民進党や共産党など反日売国奴勢力の存在を許すな

2017-04-30 00:00:00 | 報道/ニュース
昭和の日である4月29日の午前5時30分頃、北朝鮮は度重なる国連決議違反、国際法違反である弾道ミサイル発射を強行する愚劣で凶悪な行為をまた、行いました。

既に我が国は有事、戦時体制に近いとも言える警戒体制にあります。
事実として、北朝鮮のミサイル発射の通報で東京メトロやJRの一部で一時、運転を停止しました。

それにも関わらず、お花畑で現実を直視せず、愚かな主張を繰り広げる大馬鹿の政党、民進党、社民党、共産党、自由党といった反日売国奴勢力の存在があり、米国には民主党という売国奴政党やCNNなどの極左反日反米メディアもあります。
これらの存在を許してはなりません!!

例えば、ネットで批判されている、4月14日に民進党の逢坂誠二議員の、朝鮮有事に関する質問主意書の内容は酷いものです。
『我が国に一発のミサイルを発射した場合・・(中略)・・現場の部隊の誤射の可能性も排除できず、継続的に武力攻撃を行うことが前提となる「計画的な武力の行使」の要件を満たさないのではないか』

このような質問主意書を提出する事自体、いかに日本の防衛を蔑ろにしているかの証拠以外の何物でもありません!!

4月29日10時00分に産経ニュースが「【WEB編集委員のつぶやき】日本共産党が唱える「日米安保同盟破棄」は、一体どこの国の主張か 北朝鮮緊迫のさなか本性が露わに」の題で同様に、共産党などを次のように痛烈に批判しています。
『我が国の危機は、ついにここまで来た。

 首相官邸は24日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を警戒し、「身を守るためにとるべき行動」をメールマガジンで確認するよう国民に注意喚起した。メルマガでの警戒情報の発信は初めてだという。

 さらに内閣官房の国民保護サイトは、ミサイル攻撃の際には短時間での着弾が予想されるため、近くの頑丈な建物や地下街への避難を呼び掛けた。もはや「訓練」ではないのだ。
(中略)

トランプ米大統領は日本時間24日に、安倍晋三首相と中国の習近平国家主席と相次いで電話会談を行い、北朝鮮に挑発の自制を強く求めていくことで一致したものの、北は聞く耳を持たなかった。

 危機は高まる一方なのだ。

 共産党の志位和夫委員長は23日、若者向けに党綱領を解説する「綱領セミナー」を開き、日米安全保障同盟の廃棄や、資本主義から社会主義に転換する意義などを訴えたそうだ。

セミナーは日本民主青年同盟(民青)の主催で、志位氏が若者向けに解説するのは初めてだそうだが、何というタイミングか。日米が連携して危機を警戒する中、「日米安全保障同盟の廃棄」とは一体どこの国の主張なのか。

 そして、次期衆院選で野党共闘をする際、安保法廃止を「一丁目一番地にする」と言及。「本当の友情は対等平等でこそ結ばれる。恥ずかしい従属国から抜け出すべきだ」と述べ、日米安保条約を廃棄して国内の米軍基地を一掃し「日米友好条約」を結ぶよう求めたが、志位体制の「ソフト路線」とはやはりは見せかけで、これが共産党の本性なのだ。 

 共闘する野党もまた、共産党の主張を認めていると見られても文句はあるまい。それが嫌なら票を当てにした野合など止めるか、長島昭久氏のように離党すべきだ。

 また、同じ23日、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に反対するデモ活動が全国約20カ所で一斉に行われた。

 新宿駅西口では、自由党の山本太郎共同代表、社民党の福島瑞穂副党首らがマイクを握り、「共謀罪は現代の治安維持法」などと訴え、テロ等準備罪成立の危険性をあおった。

(中略)

何を言っているのか支離滅裂だ。

 この人たちは昔も今もユートピア思想に遊び、現実が見えていない。あるいは見えないフリだ。北朝鮮は他国で暗殺を行い、日本人を拉致するテロ国家であり、既に工作員の侵入も指摘されている。

 産経新聞社とフジニュースネットワークが15、16両日に実施した合同世論調査によると、北朝鮮の核・ミサイル開発に脅威を感じると答えた人9割以上に達している。浮世離れした政治家を含む残り1割弱の国民と共に「座して死を待つ」のは御免だ。

(WEB編集チーム 黒沢通)』

産経ニュースの引用記事の主張通り、浮世離れした政治家を含む残り1割弱の国民と共に「座して死を待つ」のは御免です!!

中国や北朝鮮などの脅威に対抗する日米両国に民進党や共産党など反日売国奴勢力の存在を許すな!!



2月10日、日米首脳会談にて、米国大統領専用機内で安倍首相(右)と共に和やかに撮影に応じるトランプ大統領(左)

出典:トランプ大統領自身のツイッター

日米両国の首脳や政府などがどれだけ中国や朝鮮半島情勢に心を砕いているのか。

お花畑で現実を直視せず、愚かな主張を繰り広げる大馬鹿の政党、民進党、社民党、共産党、自由党といった反日売国奴勢力の存在があり、米国には民主党という売国奴政党やCNNなどの極左反日反米メディアは全く理解していない!!
天誅、天罰が下るぞ!!



下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。



中国や北朝鮮などの脅威に対抗する日米両国に民進党や共産党など反日売国奴勢力の存在を許すな!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

有料記事では、あなたが知らないと損をする、報道されない国内外情勢や政治、軍事、外交、経済、技術などの深層や戦略などを、丁寧にお伝えします。

有料記事掲載サイト:以下リンク先→
新生日本情報局 ※(有料記事サイト)1ヶ月1000円で期間中は有料記事が読み放題、見放題で定期購読ができます。

定期購読の方法については、以下リンク先→
※(ヘルプ欄)課金記事を読む 有料の記事を読むには?

本日の有料記事
日本は弾道ミサイル迎撃能力向上のため地上型イージスシステムとTHAADミサイル保有は確実

4月29日早朝の北朝鮮による弾道ミサイル発射の暴挙から分かったことは、北朝鮮には国連や日米中など、世界中の国際世論や国際社会の声が全く届かず、聞く耳すら持たない国家であることが証明された、という一点です。

これで、日本は弾道ミサイル迎撃能力向上のため地上型イージスシステムとTHAADミサイル保有は確実になりました。
既に日本はイージス艦に配備されているSM-3やその発展型ブロックⅡAの配備計画も進んでおり、PAC-3も配備されていますが、更に地上型イージスシステムとTHAADミサイル保有の理由とは??



記事の続きは、以下リンク先→
新生日本情報局 ※(有料記事サイト)1ヶ月1000円で期間中は有料記事が読み放題、見放題で定期購読ができます。

定期購読の方法については、以下リンク先→
※(ヘルプ欄)課金記事を読む 有料の記事を読むには?
下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。


防衛・軍事 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月28日(金)のつぶやき その5

2017-04-29 04:24:29 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月28日(金)のつぶやき その4

2017-04-29 04:24:28 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月28日(金)のつぶやき その3

2017-04-29 04:24:27 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月28日(金)のつぶやき その2

2017-04-29 04:24:26 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月28日(金)のつぶやき その1

2017-04-29 04:24:25 | 防衛
コメント
この記事をはてなブックマークに追加